言ったとおりやれは禁句 上司の態度でやる気は変わる(7)職務充実

写真はイメージ =PIXTA
写真はイメージ =PIXTA

「心の法則を読み解く心理学は、ビジネスのあらゆる局面にかかわってくる」。心理学者であり、MP人間科学研究所代表を務める榎本博明氏はこう話します。心理学の知見をビジネスの様々な局面で生かせるようにQ&A形式でまとめた最新刊『ビジネス心理学大全』(日本経済新聞出版)から、「chapter1 モチベーションの心理学」の章を紹介、「どうしたらやる気が高まるのか」を考えていきます。

Question
個人的に話をすると、みんな人柄の良い従業員ばかりなのですが、どういうわけかモチベーションが低く、ダラダラした感じがあり困っています。もっと活気のある職場にしたいのですが、どうしたら従業員のモチベーションを高めることができるでしょうか?

活気のある職場にしたいというのは、経営者や管理職ならだれもが思うことです。従業員の側も、沈滞ムードの職場で働くより活気のある職場で働きたいのではないでしょうか。

双方が活気のある職場を望んでいるのに、なぜそうならないのでしょうか。その理由がわかれば、対処法も見えてくるはずです。

自分の仕事の重要性が感じられない

ある職場でのことです。入社してまだ2~3年の若手たちにモチベーションを下げさせる上司の態度について自由に話してもらったところ、つぎのような発言がありました。

「上司から命じられた書類を作成して、上司のもとにもっていったら、『今忙しいから、そこに置いといて』と言われ、上司の机の隅に置いて、自分の席に戻り、通常の業務に戻りました。後で何か言ってくるだろうと思っていたんですけど、何もなく、翌日も、その後もまったく何も言われません。それで、結局どうでもいい仕事だったんだなって思って、あれ以来、何だかやる気を失ってしまいました」

すると、別の人物がつぎのような発言をしました。

「私も同じような経験をしました。自分が担当している営業活動の現状と問題点を整理して上司に報告に行ったんですけど、忙しいから手短にと言われ、こちらの報告に生返事をするだけで、まったく関心ないといった感じだったんです。それまでは結構はりきってたんですけど、やる気が急にしぼんじゃいました」

次のページ
モチベーションを高める職務特性