「風邪は抗生物質で治る」は間違い 薬効かない体に?ストレス解消のルール

日経Gooday

薬が効かなくなるなんてことがあるのでしょうか? 誤った使い方をすると体内に薬剤耐性菌ができてしまうといいます
薬が効かなくなるなんてことがあるのでしょうか? 誤った使い方をすると体内に薬剤耐性菌ができてしまうといいます
日経Gooday(グッデイ)

風邪のはやる季節だ。医療機関を受診する人も目立ちそうだが、気を付けなければならないのは「抗生物質信仰」に陥っていないかということ。もし、「抗生物質を飲んでおけば安心」だと思っているのなら、「薬が効かない体」になっている可能性がある。近年、この問題が世界中で広まっているのをご存じだろうか? 「特に風邪のはやるこの時期は注意が必要」だと警告を発する長崎大学大学院の迎寛教授に「抗生物質信仰NGルール」を教わった。

◇   ◇   ◇

風邪を引けば、「自分で治す」と、薬を飲まずに汗をかくほど暖かくしてとにかく寝ては、野生児のごとくムリヤリ(?)風邪を治すのが私の流儀だ。

とはいえ、風邪になると高熱に加えて「せき」が辛い。前回記事「周囲の目が気になる『せき』 止めるのNG、喉温めて」でも書いたが、「せき1回で2キロカロリーも消費」するといわれているのだから、一晩中寝込んでせきをしていれば、体中が疲弊するのは間違いない。そのため、風邪のために医療機関に駆け込む姿にも合点がいく。

「風邪を引いたから抗生物質を下さい」は間違い

――迎教授「結城さんは正しい治し方をしていますね。本来、風邪は自分の免疫力で治すもので、薬で治すものではありません。あくまで薬は症状を和らげるためのもの。風邪のウイルスを全滅させるものではないのです」

とはいえ、風邪を引くたびに「あぁ、クリニックで『抗生物質』をもらったから安心だ」とつぶやく声を耳にしては、「抗生物質は無敵なのか!?」と思ったこともある。

――迎教授「それが、現在医療で問題になっている部分なのですよね。まず気を付けていただきたいのは、医療機関で『風邪を引いたから抗生物質を下さい』と、気軽に言わないでいただきたいということです」

抗生物質は体によくないのだろうか?

――迎教授「いえいえ、そういうことではなく、風邪の『ウイルス』には効かない」ということです。風邪は、ノドや鼻にウイルスが感染することで炎症を起こす疾病です。『抗生物質』は『細菌』には効きますが、『ウイルス』には効果がありません。当然、新型コロナウイルスやインフルエンザにも効かないですね」

病原体としては、「ウイルス」や「細菌」などがあり、大きさや構造が違う。そのため、「細菌」に効く抗生物質は、「ウイルス」には効かないということのようだ。

ウイルスと細菌の違い

■ウイルス
大きさは0.0001ミリメートル(0.1μm)程度(小さいものだと、ノロウイルスが0.04μm)。細菌の約10分の1~100分の1。自分では細胞を持たず、内部に遺伝子を持っただけの単純構造の微生物。他の細胞に入り込んで生存する。単独では増殖できないが、一度細胞に入りこむと、自分のコピーを増やして細胞を破裂させては他の細胞に侵入する。繰り返しコピーを作って増殖していく。新型コロナウイルス、インフルエンザ、風邪、ノロウイルス、風疹などがある。

■細菌
大きさは0.001ミリメートル(1μm)程度。細胞を持ち、自己複製能力を持つ微生物。納豆菌や乳酸菌など体内で役立つ菌、人体の皮膚や腸内に住みついて環境を保つ菌まで種類は豊富。病気を起こす細菌には、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などがある。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
「必要なときにだけ使う」ことが大事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント