「ばかばかしさ」を追求して 怒濤の日々(井上芳雄)第81回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。11月は怒濤(どとう)の日々です。9日から東急シアターオーブでミュージカル『プロデューサーズ』に出演しているのですが、久しぶりの大劇場でのミュージカルコメディで、出ずっぱりの主役としてツッコミ続けているとあって、体力やエネルギーをものすごく使います。お客さまの前に出ると自然とテンションが上がるし、毎日大暴れしているみたいな気分です。

ミュージカル『プロデューサーズ』は12月6日まで東急シアターオーブで上演(写真提供:東宝演劇部)

『プロデューサーズ』は2001年にブロードウェイで初演された傑作コメディ。米国演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞で、史上最多となる12部門で最優秀賞を受賞しました。落ち目のプロデューサーであるマックスが、気の弱い会計士のレオと組んで、史上最低のミュージカルを製作して興行を失敗させ、出資者から集めた資金をだまし取ろうという話です。今回の日本版演出は福田雄一さん。振り付けはブロードウェイのそのままで、セットや衣装も豪華だし、ミュージカルらしいゴージャスな舞台です。

政府の入場者制限の緩和方針に基づいて、客席は100パーセント使えるようになりました。初日に、久しぶりに満席の劇場を見たときは感動しました。お客さまの笑い声も大きいし、拍手も手拍子も大きい。満席になった大劇場で演じるのは今年初めてなので、特別な初日になりました。

傑作コメディといっても、米国と日本では笑いの文化が違うので、お客さまが笑ってくれるかどうか不安もありました。始まってみると、日によって多少の差はあっても、狙ったところで笑いが起こるので、物語やキャラクターがちゃんと伝わっている手応えがあります。稽古ではオリジナルの台本の面白さを伝えることと、アドリブで突っ込んだりすることの両方の笑いを探ってきました。見た人からは、どれが台本でどれがアドリブか分からないと言われるので、うまくバランスがとれているようです

カンパニーの雰囲気はすごくよくて、演じていても、みんな適材適所だと感じます。マックスは僕が演じていて、レオ役は吉沢亮君と大野拓朗君のダブルキャスト。2人とも個性も演技も違うので、それぞれ違ったレオになっているのが面白いところです。

吉沢君は、ミュージカルは初めてなので準備が大変だったと思いますが、そんなところは全然見せずに、稽古場でもすごくクール。それでいて一発かましてやろうみたいな気持ちの強さがあって、やっぱり映像の世界でいろんな経験をしてきたんだなと。演技や動きにしても、舞台の役者とは違う発想で挑むのが新鮮で、僕にも、周りのキャストやカンパニーにも、いい刺激になっています。自分では人見知りだと言っていて、最初はほとんどしゃべらなかったのですが、心の開き方も独特というか、しゃべってみると実はすごく面白くて、時おりチャーミングな一面も見せてくれます。クールな面とのギャップに驚かされます。

大野君は、持ち味が全然違っていて、自分で「僕は本当にまじめなんです」と言っていました。自分でまじめと言う、まじめな人もあまり見たことがないので、そのツッコまれやすいところが個性じゃないでしょうか。WOWOWの番組で「どっちのレオがやりやすいですか?」と聞かれたので、そのときは「やりやすいとかはないけど、大野君のほうがはたきやすい」と言いました。マックスが新聞でレオの頭をはたくアドリブの場面があります。もちろん吉沢君もはたかれたからといって怒らないですが、大野君のほうがはたいても大丈夫な雰囲気を漂わせている(笑)。そのおおらかな感じも、ひとつの才能だと思うし、実際そういうレオになっています。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
技術があるからキャラクターが生きる
エンタメ!連載記事一覧