トヨタ・ヤリスクロス ハンドル操作性、無駄なく正確今回の目利き 米村太刀夫氏

トヨタ自動車ヤリスの派生車「ヤリスクロス」が誕生した。ヤリスは国際的に大きな生産が想定されるBセグメントの乗用車だが、これをベースにした多目的スポーツ車(SUV)がヤリスクロスだ。我が国では降雪地を除いてSUVが現実に必要なのか疑問だが、街中の車両を眺めてみると、後部に独立したトランクルームを持つセダンの比率が極めて少ないのに驚いてしまう。SUVがファッション・トレンドになっているのを否定できない。

トヨタ自動車のSUV「ヤリスクロス」

ヤリスクロスのエクステリアデザインはオリジナルのヤリスとはかなり変化させてあり、特に後部に大きなトランク容量を確保するための変貌は合理的だ。搭載されるエンジンは1.5リットル3気筒でNA(自然吸気)とハイブリッドの2種類、FFの二輪駆動と四輪駆動が用意されるが、ハイブリッドは後輪を小型の電気モーターで駆動するE―Four方式である。

試乗車は前輪駆動のハイブリッドを選んだ。このクルマに搭載される3気筒エンジンは振動が少なく比較的スムーズに回ってくれる。発進直後はモーターのみで駆動されるのでアイドリング振動がなく、この点でも有利となる。少しアクセルを多めに踏んでみると、加速感は下手なスポーツ車を打ち負かすほどであり驚いた。電気回路のインバーターから発する「ヒューン」音も一掃されたようだ。

米村太刀夫氏

ハンドリングで最も称賛できるのはその正確さである。これは「ステアリング・プレシジョン」と呼んでいるが、ハンドルを切って、予測する方向にクルマが最初の操作で正確に向かうことを意味する。旋回挙動が思ったより少なかったり、逆に多すぎたりしたときは次の操作で修正する必要があるが、これがほとんどない。リアシート全体を倒すと大きな空間ができる。

ヤリスクロスの弟分としてダイハツ工業が開発と生産を担当しているライズがいるが、このSUVも販売好調。あらゆる面で弟に負けることはトヨタのプライドが許さないのだろう。その熱意が強く感じられた。

(自動車評論家)

[日経産業新聞2020年11月19日付]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧