NNT(無い内定)との向き合い方 休養や声かけ大切人事部の視点(24)

写真はイメージ(PIXTA)
写真はイメージ(PIXTA)
就職活動の学生と企業の接点である採用担当者が自身の体験や就活生へのアドバイスを語る連載「人事部の視点」。今回のテーマは、コロナ下の就活生に「今してほしいこと」。2回目は「内定ゼロ」との向き合い方が中心です(1回目は「就活生にいま考えてほしいこと 内定あってもなくても」

こんにちは。エリーパワー人事部の玉井亜以子です。前回担当した記事(「希望しない内定先に入社すべき? 氷河期世代の伝言」)では「内定はあるものの悩んでいる」という就活生へのメッセージをお伝えしました。今回は就活生の間で「NNT(無い内定)」と呼ばれる状況の学生やその周囲に向け、3つの「声」を想定して書きたいと思います。

【1】「就活しているけれど、内定がなく、活動する気がおきません」

行動しないと何も始まらないと分かっているものの、やる気が起きない。その場合は、期限を決めて、休むことをおススメします。

友よ、疲れたら休め

「友よ、疲れたら休め。彼らはそう遠くへはいきやしない」。これは大学の恩師から卒業の時に贈られた言葉です。ロシアの文豪・ツルゲーネフの言葉が下敷きのようですが、実は当時、あまりピンときませんでした。社会人になり、人事の仕事で社員のメンタルヘルス対策にも関わるうち、「休めない、後れをとってはいけない」と自分で自分を追い詰めた結果、休職してしまうケースが多いことに気がつきました。周囲は「しっかり休んで元気になってもらいたい」と思っているのに、です。

やる気が起きないときは、やる気が起きるまで休むことが大切。とかく「休む=何もしていない」と思いがちですが、「休む=静養する」と考えれば、積極的な行動です。

ただ本人は休んでいるつもりでも、周りから「ダラダラしていている」とみられてしまい、逆にストレスになる可能性もあります。「積極的に静養している」という点を理解してもらうために有効なのは(1)期限を決めて休む(2)できるだけ規則正しい生活を送る努力をする――の2点です。その姿勢があれば、周りの理解も得やすいのではないでしょうか。

もし期限までにやる気が起きない場合は「〇〇だから、〇月まで休みます」と再度、期限を切って延長してみてください。そもそもやる気が出ない状態で「頑張らないといけない」とか「きょうこそは」という意思の力に期待するのは無理があります。期限や理由を明確にしておくことで、自分自身と周りの心の負荷を減らすことが大切です。

そして「規則正しい生活」ですが、これはなかなか難しいかもしれません。毎日同じ時刻に起床するのがベストですが、それができなくても「毎日どこかで太陽の日差しを浴びる」だけで大丈夫。このように休養期間は、「これって当たり前じゃない?」と思うようなところまで行動のハードルを下げてみてください。そしてきょうのことだけ考えて「これができたからきょうのミッションは完了!」と考えることで、自然と継続できていくので安心してください(朝必ず家族にあいさつする、決めた時間に夕食をとる、でもOKです)。

栄養バランス(特にタンパク質と鉄分)のよい食事も効果的です。私自身、栄養バランスが整うとマインドも整うことを実際に体験しており、同じような効果が出る方もいると思います。それでも気持ちが変わらなかったり、当たり前のことが継続できなかったりした場合は、医師などプロに頼るのも大切ではないでしょうか。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
友への連絡に遠慮いらない
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ