家庭で世界のグルメ 「ロイホ」が冷食に専門店の味

日経クロストレンド

世界各国の料理をメニューに加えた「ロイヤルデリ」。写真は欧州の料理
世界各国の料理をメニューに加えた「ロイヤルデリ」。写真は欧州の料理

ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングス(HD)が、冷凍食品に本腰を入れる。冷食ブランド「ロイヤルデリ」に10月、欧米やアジアの料理を加えてメニューを大幅に拡充した。温めるだけで、世界の本格グルメが味わえるという新たな食体験で攻勢に出る。

目指すは「レストランクオリティーの家庭用フローズンミール」。冷凍食品の世界に、ロイヤルHDが専門店の味を持ち込んだ。「ロイヤルデリ」である。19年12月から展開を始め、全国のロイヤルホストやオンラインショップで販売中。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛を受け、20年4~6月の売上高は20年1~3月と比べて5.8倍に急伸した。

画期的だったのは「シェフが手鍋でつくる味」を家庭で再現したことにある。福岡市と千葉県船橋市にあるセントラルキッチンを活用し、シェフのつくりたてを急速冷凍。湯煎などで解凍し、皿に盛りつけるだけで、誰でもレストラン品質の料理を自宅で味わえるようにした。

欧米アジアの各国料理を加えてリブランディング

「美食の国 イタリアのショートパスタ」「クラシック洋食」「オリジナルカレー」「パスタソース」「パン&スイーツ」という従来のカテゴリーに、20年10月15日から「ヨーロッパの料理」「アメリカの料理」「旅気分で巡るアジア料理」を追加。8カテゴリー45種類へとラインアップを大きく増強した。

新メニューの顔ぶれは多彩だ。米ルイジアナ州伝統のスープ料理「チキンとソーセージのガンボ」(税込み460円)や、濃厚なラザニアソースとショートパスタを組み合わせた「ラザニエッテ」(同640円)、台湾のローカルフード「魯肉飯(ルーローハン)」(同650円)、インドネシアやマレーシアの焼き飯料理「ナシゴレン」風のソース(同480円)など、ロイヤルホストでも見かけない料理が並ぶ。

(左上から時計回りに)チキンとソーセージのガンボ、ラザニエッテ、魯肉飯、ティラミス

ガンボはケイジャンスパイスで味付けし、ラザニエッテはショートパスタを長時間低温熟成し、もっちりとした食感に仕上げた。魯肉飯も、スーパーではあまり見かけない皮付きの豚バラ肉を使うことで、豚本来の甘みと皮付きならではの独特の食感を引き出した。冷凍食品とはいえ、1品1品にシェフの技が詰まっているのが特徴だ。

コロナウイルス禍で内食ニーズに変化

ロイヤルHDはなぜ、このタイミングで商品を増やしたのか。ロイヤルデリ事業担当部長の庵原リサ氏は、利用者の声がきっかけだったと振り返る。

「ソースのコクや香りがプロの味。自分では手間もかかるし、つくれない」「家族から手抜きと思われないから便利」「つくりおきは水曜日までが限界。木・金曜日はいつもと違う味が食べたくなる」──。チーズを振りかけたり、ベーコンをのせたりと、自分なりのアレンジを加えて利用している人も多かった。コロナ禍により、家で食べる機会が増えたからこそ「自宅でも、外食気分を味わいたい」という新しい内食ニーズが浮かび上がり、庵原氏はロイヤルデリの真の価値に気づいた。

それは「おいしい」「便利」という従来の冷凍食品の域を超え、食卓を華やかにする献立として重宝されていること。「シェフの味を自分らしくアレンジすることで、手軽に楽しい食卓をつくり、ちょっと特別な時間を過ごしたい」(庵原氏)。その期待にロイヤルデリがさらに応えるには、どうすればいいか。たどり着いた答えが「外食や旅先での食体験を自宅でも楽しめるバラエティー豊かな各国料理」だった。

レストランに行かないと食べられない世界の料理を、家にいながらにして味わえるからこそ、特別な時間を過ごせると考えたのだ。

湯煎などで解凍して食べる。加熱時間はパッケージに記されている

そこで「シェフが手鍋でつくる」「レストラン品質の味」というコンセプトはそのままに、「世界各国の料理を楽しめるフローズンミール」という新たなテーマを加えてリブランディングした。実際にロイヤルホストでは、世界の食文化を日本に伝えてきた伝統がある。

1974年のハワイアンフェスティバルを皮切りに、イタリア(80年)、ロシア(82年)、タイ(97年)、ベトナム(99年)、米国(2012年)、スペイン・バスク地方(14年)、フランス(15年)、シンガポール(18年)など、世界各国の料理フェアを次々と展開。そのたびに社長や商品開発チームが現地まで足を運び、食材を調達してきた。このときの経験が、ロイヤルデリの新メニュー開発にも役立った。

しかし、それでもメニュー開発は、一筋縄ではいかなかった。例えば、ロイヤルホストでは、セントラルキッチンでつくったソースやスープなどを各店舗に届け、各店舗の厨房にいるコックが具材をのせたり、オーブンで加熱したりと、ひと手間を加えて提供している。一方、ロイヤルデリでは温めるだけでレストランと同レベルの味を再現しなければいけない。温めるだけで風味が引き立つよう、逆算して調理する必要が出てきたのだ。そのため、火加減から調味料の量に至るまで何度も調整を重ねたという。

つまり、ロイヤルデリのメニューは、ロイヤルホストのコピーではない。あくまでも新しい内食ニーズを開拓するため、いちから試作を重ねた戦略商品なのだ。

次のページ
アレンジメニュー、利用シーンも開拓