進化する「ライフスタイルホテル」 極上ステイ楽しむ

アロフト東京銀座のオールデイダイニングは、英国人アーティストによる壁一面のアートが目を引く
アロフト東京銀座のオールデイダイニングは、英国人アーティストによる壁一面のアートが目を引く

ホテルの楽しみとして、いつもとは違う雰囲気で過ごす非日常感があるかと思う。昨今は、デザイン性の高さや個性のあるサービスなど「泊まること」だけでなく、「過ごす時間」や「過ごし方」に魅力を発揮するライフスタイルホテルがトレンドだ。もともとはパーソナルなサービスを提供し、滞在を自分らしく楽しんでもらう意味合いだったライフスタイルホテルだが、近年はさらに一段進化し、ライフスタイルをインスパイア(啓発)するホテルを意味するようになっている。東京都内に誕生が相次ぐ中、今年オープンした3つをご紹介しよう。

トップバッターは東京・銀座6丁目に2020年10月開業の「アロフト東京銀座」。マリオットホテルグループで音楽×アート×テクノロジーをコンセプトに、スタイリッシュなデザインで知られる“アロフト”の日本上陸1号店だ。独特なストライプ模様に導かれてロビーに入ると、天井には銀座の様々な風景が映し出されている。地域に根ざしつつ、海外のデザイナーズホテルにいるような気分にもなってくる。

リビングの壁には気鋭のアーティスト今井俊介氏による東京の街をテーマしたカラフルな作品が

プロジェクションマッピングで刻々と姿を変えるエレベーターホールの壁が、非日常への入り口を思わせる。ポップな家具が置かれた客室の中でも「アロフトスイート」(4室)は、遊び心があふれる空間になっている。ベッドルームとリビングとに分かれ、両方をつなぐ窓側のスペースには通に評価の高いマーシャルのLPプレーヤーのスピーカーも。60年代に最先端のおしゃれで銀座を席巻した「みゆき族」をイメージした壁紙が部屋を飾る。

ここはニューヨークかバンコクか。ルーフトップバーで海外気分にひたれる

1階のバーや2階のオールデイダイニングも絵になるスタイリッシュさだが、おすすめは16階建てのホテルの屋上から眼下に銀座を一望できるルーフトップバー「ROOF DOGS」。店名は、メインメニューのいろんな国のスタイルのホットドッグから。シルバーのフォルクスワーゲンがドリンクのオーダースタンド。キュートなデザインと絶景は、日本にいることを忘れてしまいそう。

注目記事