ThinkPad X1 Fold 折り畳みPCの挑戦は成功するか戸田覚の最新デジタル機器レビュー

ディスプレー折り畳み式のパソコン「ThinkPad X1 Fold」が登場した
ディスプレー折り畳み式のパソコン「ThinkPad X1 Fold」が登場した

レノボ・ジャパンの新製品「ThinkPad X1 Fold」は、なんとディスプレーが折り畳めるパソコン。文句なしでチャレンジングな製品だ。とはいえ、今後はこの手の2画面パソコンが少しずつ増えると予想される。米マイクロソフトは、デュアルスクリーン向けのOS(基本ソフト)「Windows 10X」の開発を進めている。

スマートフォンではディスプレー折り畳み式のモデルがいくつか登場しているが、こちらはまず街中では見かけない。素晴らしい技術なのだが、価格の高さや実用性がネックになり普及には至っていない。

では、折り畳み式のパソコンはどうだろうか。今回はそんなポイントを考えながらレビューしていこう。

気になる価格は、公式オンラインストアで税込み32万7426円から。それほど性能が高いわけではないので、ユーザーにとっては間違いなく「高価」だが、メーカーとしては今後の機種展開を見込んだ「バーゲンプライス」だろう。もしかすると、ほとんど利益は出ていないかもしれない。

ディスプレーはスマホと同じ有機EL

ThinkPad X1 Foldのディスプレーは、最新のスマホと同じく有機EL。パソコンのように画面サイズが大きくなると、コストが高くなるのであまり採用が進んではいないが、最近ちらほらと搭載モデルが出てきた。

映像がくっきりと明るく、黒が締まった美しい表示が特徴だ。また、ダークモードなど黒っぽい画面デザインにすると、消費電力を抑えられる。だからThinkPad X1 Foldも標準の壁紙やメニューのデザインは暗い。

ディスプレーを完全に開いた状態では微妙なデコボコがあるが、折り目はほとんど気にならない。スマホ同様に、素晴らしい技術だ。2つの液晶を組み合わせた2画面の折り畳みパソコンはこれまでにも、少なからず登場しているが、大画面としては境目が気になって使いづらかったものだ。ThinkPad X1 Foldなら、境目がなく大きな1画面としてすんなり利用できる。

ディスプレーの折り目が気にならないのが素晴らしい
広げると、13.3インチのモバイルノートになる
背面はカバーがスタンドになっている
次のページ
マニアは間違いなく欲しくなる
MONO TRENDY連載記事一覧