3種類とも極めてハイレベルな内容に仕上がっているが、特にオススメしたいのは、店主が強く推す「中華そば」。古屋氏曰く「そこはかとなく突き抜けた、癖になる味わい」を目指した『中華そば』のスープは、鶏ガラ・豚ゲンコツ・煮干し・鯖(サバ)節・鰹(カツオ)節等のおなじみの素材に加え、牛骨から出汁(だし)を採ることで、華やかな香りと芳醇(ほうじゅん)なうま味を演出している。

また、煮干しは上質な出汁が大量に採れる「伊吹いりこ」のほか、数種類をバランス良くブレンド。定石的な工程にプラスアルファの工夫を施し、他店では類を見ない圧倒的な出汁感の演出にも成功している。

ふるいちの「中華そば」は店主もおすすめの1杯だ

「老若男女が満遍なく共存する羽村市という土地柄を考慮し、最初は、食べ手を選ばないオーソドックスな中華そばを提供するつもりでした。が一方で、せっかくラーメンを出すのであれば、修業先で習得したノウハウを生かしたい気持ちもありました。2つの命題を共にクリアする1杯を開発すべく試行錯誤を繰り返した結果、顔立ちは正統派でありながら、個性に根差した引きの強さを兼ね備えたラーメンができました」

そんな店主の「正統から逸脱しない範囲で果敢に攻める」スタンスは、よくよく吟味すれば、1杯の随所に色濃く投影されている。箸で摘み口元に近づけた刹那、芳香が鼻腔(びくう)を心地良くくすぐるチャーシューは、厳選された国産豚を丹念につるし焼きにしたもの。

重厚な動物系のコクに支えられながら「伊吹いりこ」のうま味が舌上で無際限に広がり続けるスープも、新店離れした完成度の高さだ。スープ温度の低下や味覚の慣れによって、感じ取れる味わいが刻々と変化する「動的」な構成も、もちろん店主の計算ずくである。

このスープに合わせるのが、プルンとした麺肌が唇に優しい『新宿だるま製麺』謹製の平打ち中太麺。麺に含まれる水分量はやや多め。かすかに持たせた「縮れ」が、些かのやぼったさを醸し出しているが、この麺を用いることで、1杯の印象が絶妙に肩の力が抜けたものとなっている点も、店主の「作戦勝ち」と言っていい。

ワンポイントとして映える「の」の字が描かれたナルトも、クラシック感がそこはかとなく漂う。

「作りたいラーメンは他にも沢山ありますが、まずは、このラーメンを徹底的に磨き上げ、地元から支持される羽村の名物にしたいですね。次の展開は、それが実現した後に考えます」と古屋店主。

オープンしてまだ日が浅いにもかかわらず、想像以上に個性的な『ふるいち』の1杯に、無限大の可能性を感じた。これからも定期的にチェックしていきたい1軒だ。

京成本線八千代台駅から徒歩約5分の場所にある「麺や 空と大地」

◎麺や 空と大地(千葉県八千代市)

〈煮干しに寄り添うトマトの甘みが胃袋を鷲づかみに!両者のマリアージュを堪能あれ〉

店舗の最寄り駅は京成本線八千代台駅。そこから歩いて5分ほどの場所にある。オープンは本年3月10日。線路沿いに店があるため、京成本線を日常的にご利用の方なら店舗外観くらいは目にしたことがあるかもしれない。

屋号の『空と大地』には、『空』を象徴する太陽の恵み「トマト」と、『大地』の恵みである「大豆」に対する店主、市川勇次氏の感謝の気持ちが込められている。基本メニューである「トマトラーメン」は、両者の恵みがフルに活かされた1杯だ。