powered by 大人のレストランガイド

熟成酒8本セット202万円に込めた思い 京都「月の桂」世界で急増!日本酒LOVE(27)

「刻SAKE協会」が11月からオンライン通販サイトで予約受付を開始した熟成酒の8本セット。販売価格は202万円だ
「刻SAKE協会」が11月からオンライン通販サイトで予約受付を開始した熟成酒の8本セット。販売価格は202万円だ

1675年創業の酒蔵「増田徳兵衛商店」(京都市伏見区)。「月の桂」の銘柄で、にごり酒と熟成酒を日本で最初に醸した蔵として知られる。そんな老舗蔵元が国内各地の有名蔵元と連携し、熟成酒の価値を高めるための団体を設立、メンバーの蔵の酒など8本をセットにした商品販売に向けてオンライン通販サイトで予約受付を開始した。価格はなんと202万円。高値で売る狙いは熟成酒の魅力を国内外に発信し、日本酒全般の価値向上にある。

ワインの世界では長年熟成させたヴィンテージ酒が1本何十万円、何百万円という値段で取引されている。それに比べ、日本酒はどれも似たような価格帯の中にある。「日本酒全体の価値をもっと引き上げるには、ワインのようにピラミッドの頂点を極めるプレミアム酒の存在が必要。高額商品があるからこそ、ボトムのカジュアルな商品が売れ、市場全体が拡大するワインと一緒」と同社の14代目、増田徳兵衛氏。「刻SAKE(ときさけ)協会」の設立もその一環である。

協会は“刻SAKE”に、熟成酒として長年の刻(とき)を刻んだ酒という意味を込める。協会のメンバーは黒龍、出羽桜、南部美人、東力士(島崎酒造)、水芭蕉(永井酒造)、木戸泉とどれも日本を代表する酒蔵。増田氏はその代表理事を務める。

アフリカの人と一緒に日本酒をプロモーションする14代目増田徳兵衛氏(右)

7つの蔵からプレミアムな“刻SAKE”を1本ずつ商品化し、さらにソムリエの田崎真也氏がアッサンブラージュ(ブレンド)した酒「刻の調べ」を加えた8本セットで、11月24日からオンライン通販サイト「秘蔵酒.com」にて予約受付を開始。販売は限定20セットで、予約が20件を超えたら抽選となる。2020年にちなみ、価格は202万円と日本酒業界としては初の高値をつけた商品となる。

「シャンパンやワインではアッサンブラージュ(ブレンド)は当たり前だが、日本酒ではそれほど多くはない。アッサンブラージュという手法や、3桁の高額商品など、いろんな意味で日本酒の歴史を大きく変えていく商品だと思っています。世界の富裕層や高級酒のコレクターなどにもぜひ注目していただきたい」と増田氏らは意気込む。

増田徳兵衛商店は古くは京からの物資運搬などに使われてきた鳥羽作道(とばのつくりみち)に面し、蔵の裏側付近には鴨川と桂川の合流地点がある。歴史と伝統文化漂う地で酒造りを長年、続けてきた。現在、蔵を切り盛りする14代目、増田氏は1964年に先代が考案したにごり酒と熟成古酒などの伝統を守りつつ、さらに進化・発展させる一方、伏見酒造組合理事長として地元の酒を盛り上げ、2010年~2018年までは日本酒造組合中央会の海外戦略委員長を歴任、日本酒全体の海外輸出にも貢献してきた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド