ぶら下がれって? 直訳だと意味不明のhang in thereデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(75)hang

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「ぶら下がる」「つるす」という意味のhangを使った表現をご紹介したいと思います。

◇  ◇  ◇

プロジェクトをたくさん任され、大忙しのユウカ。スティーブがオフィスに残り、遅くまで仕事をしているユウカを気づかって声をかけてきました。手伝おうかと申し出たところ、何とか自分で頑張るとのこと。そんなユウカにかけたスティーブの言葉は、ネーティブがよく使うフレーズだったのですが、ユウカは意味を取り違えてしまいます。

それはこんな会話でした。

Steve: It's already 9:00. You look busy.
Yuka: Yeah, actually I have a lot of really big projects that have piled up.
Steve: Ah, that is tough. Is everything going okay?
Yuka: Somehow it seems like we'll just finish everything in time.
Steve: Well if there is anything I can help with, let me know.
Yuka: Thanks. If it gets too bad, I'll let you know.
Steve: For sure. Don't push yourself too hard.
Yuka: I'm tired of being stuck to my computer all the time.
Steve: It sounds like a lot. Hang in there!
Yuka: Hmm? You're going to hang here? Well, it would be nice to stretch my muscles...
Steve: I mean "good luck," Yuka.
Yuka: Oh! Thanks!

日本語に置き換えてみると次のようになります。

スティーブ:忙しそうだね。
ユウカ:ええ、実は大きなプロジェクトが重なっちゃって。
スティーブ:それは大変だね。大丈夫そうなの?
ユウカ:なんとかギリギリ間に合いそうなんだけど。
スティーブ:わぁ、何か手伝えることがあれば言ってね。
ユウカ:ありがとう。もっと大変になったら声かけるわ。
スティーブ:もちろんさ。無理しないでね。
ユウカ:ええ、パソコンにかじりつきっぱなしで、飽き飽きだわ~。
スティーブ:大変だね。頑張ってね!
ユウカ:え? ここでぶら下がるの? 確かにストレッチはしたいけど……。
スティーブ:頑張ってってことだよ。
ユウカ:ああ、ありがとう!

上記の会話は、スティーブが忙しそうなユウカに声をかけたところです。大きなプロジェクトが重なっているようで、かなり大変そう。手伝いを申し出たところ、今は大丈夫そうとのことなので、労いの言葉をかけました。ユウカは英語のフレーズをそのまま受け取ってしまい、勘違いして思わぬ行動に出ようとします。スティーブが使ったフレーズはどんな意味だったのでしょうか。