水川あさみ 「熱量さえあればできる」自粛体験し痛感恋する映画『滑走路』 現代社会の根深い問題描く

女優の水川あさみさん
女優の水川あさみさん

2017年に刊行され、歌集としては異例のベストセラーとなったことで注目を集めた「歌集 滑走路」。32歳の若さでこの世を去った歌人・萩原慎一郎さんが残した言葉は、苦難のなかでもがいている人たちにいまなお生きる希望を与えている。そんななか公開を迎えるのは、この歌集をモチーフにした映画『滑走路』。非正規雇用やいじめ、キャリア不安といった現代社会が抱える根深い問題について描いている。

本作でメインキャラクターの一人である翠(みどり)を演じたのは、女優の水川あさみさん。今年は劇場公開作品が5本にも及び、幅広い役どころに挑んでいるが、今回は自身のキャリアと夫との不和に揺れ動く女性を見事に体現している。そこで、作品に取り組むなかで感じた思いや女性たちに伝えたいメッセージなどについて語ってもらった。

みなさんに共感してもらえるように演じたかった

――最初に、原作の歌集を読まれたときの感想から教えてください。

水川あさみさん(以下、水川) 世の中の人が抱えている心の不安や悲しみ、そして絶望というものを代弁していて、読む人に寄り添うような作品だなという印象でした。あとは、少しもやがかかった薄暗いなかをさまよっているような感覚もありましたね。実際、その雰囲気は、脚本にもきちんと反映されていると思います。

――では、ご自身が演じた翠という人物については、どのような女性としてとらえましたか?

水川 切り絵作家としてやりたいことはできていて、結婚もしているので、両手からあふれるほどの幸せではなかったとしても、自分で充実していると思えるくらいの幸せはちゃんと手に入れている女性だと感じました。

ただ、その一方で言いたいことや思っていることを主張せずに生きてきたとても不器用な人という印象も。監督からも同じようなことを言われていたので、普段より動きを遅くしてみたりしながら、たたずまいを変えるように意識して演じました。

――水川さんと同じく、仕事と家庭を持つ30代の女性ということで、共感した部分はありましたか?

水川 私自身が共感するというよりも、みなさんに共感してもらえるような人物として演じたいという気持ちのほうが強くありました。実際、翠というのは、女性が抱えるいろんな悩みや不安、葛藤というものを寄せ集めにした部分があったので、多くの女性が共感できる人物になっていると思います。

――そんななか、翠は最後にはある大きな決断を下しますが、そのことに関しては、どう感じましたか?

水川 夫とすれ違いがあるなかで、とある出来事によっていろんなことと向き合わざるを得なくなり、いままでしてこなかったような大きな一歩を自分の力で踏み出すことができたんじゃないかなと感じました。そこには悲しい側面もありますが、彼女にとっては大きな成長でもあったので、とてもポジティブな決断だったと私は思います。

(C) 2020「滑走路」製作委員会
注目記事
次のページ
夫婦とは「みんな違っていていい」