新iPad Air、上位喰う中位機 イラストや手書きに強み戸田覚の最新デジタル機器レビュー

新モデルのiPad Air 4は上位モデルのiPad Pro風の外観になった

今回は、アップルが2020年10月に発売したタブレットの新製品「iPad Air」の第4世代、通称「iPad Air 4」をレビューする。これまでにiPadを買ったことがない方にも、久しぶりに買い替える方にもわかりやすく説明していくので、じっくりとお読みいただきたい。

「上位モデルに近い中級モデル」へ

10.9インチディスプレーを搭載するiPad Air 4は、ひとことで言うなら中級モデルだ。上位モデルには、より大きなディスプレーを搭載する「iPad Pro」がある。しかし公式オンラインストアの価格が8万4800円(税別、以下同)からと、6万2800円からのiPad Air 4に比べて3割以上高い。また下位モデルには「iPad(第8世代)」とコンパクトな「iPad mini(第5世代)」がある。iPad(第8世代)はiPad Air 4と同時に発表になり、一足早く9月から発売されたモデルで、ディスプレーなど一部を除けば過不足ない性能を備えており、価格も手ごろだ。iPad miniは19年3月発売と、発売から時間がたっている。

これまでiPad Airシリーズは、iPad(第8世代)やiPad miniに近い外観だった。ディスプレー上下の額縁が太く、下縁の中央にホームボタンが付いていた。スマートフォンのiPhone 7やiPhone 8でもおなじみのスタイルだ。

これに対してiPad Air 4は、上位モデルのiPad Proに近い外観にデザインを一新し、額縁が細いスタイルになった。つまり「下位モデルと近い中級モデル」から「上位モデルに近い中級モデル」に、位置づけが変わったわけだ。一言で言うなら、これがiPad Air4の最大のポイントだ。

iPad Air 4とiPad miniを重ねたところ。上に置いたiPad miniは指紋センサーがあるおなじみのスタイルだが、デザインがやや古く感じる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
端子は汎用性が高い新タイプに
MONO TRENDY連載記事一覧