ご当地に根ざす多様な食品 日経POSでみる地域No.1「日経POSセレクション 地域売上No.1」発表

日本経済新聞社は小売業のPOS(販売時点情報管理)データに基づき、九州や北海道など10地域で、豆腐やミネラルウオーターなど各分類内で売り上げ1位の商品「日経POSセレクション 地域売上No.1」を発表した。全国では無名でも地元で多くのファンを持ち、中には全国ブランドを寄せ付けないほど高く支持される商品など多種多様な商品が浮かびあがってきた。

全国10地域それぞれ異なる商品が1位となった、地域色豊かなカテゴリーが、漬物、しいたけ、玉露茶、もち米などだ。特におにぎり、ところてんでは、各地の特色あふれる食文化が際立って見える。

おにぎりに透ける地域性

「おにぎり・おむすび」の各地の1位は、北海道が甘納豆の赤飯、北陸が塩味の赤飯、中京が天むすと地域性の違いが明らかに出た。

北海道の赤飯はもち米の赤いご飯に金時豆の甘納豆をのせた甘い味のもの。北海道では老若男女問わず人気がある。おにぎりを製造する日糧製パン(札幌市)によると「北海道では饅頭より大福もちが人気があるなど、もちもちした食感が好まれる傾向がある」。

米心石川(金沢市)の「赤飯おにぎり」

北陸1位の米心石川(金沢市)の「赤飯おにぎり」は北陸産もち米を使った小豆の塩味だ。「北陸は和菓子やおはぎに親しみがあるため、小豆を使う赤飯を好む傾向にあるのかもしれない」(同社)。中京の天むすは今や名古屋名物だ。その他、東北・首都圏・近畿・四国・九州は鮭、関東外郭(北関東3県と山梨、長野、静岡)がたらこ、中国で昆布が1位となった。

関西麺業(高知市)の「太平洋の恵み ところてん」

「ところてん」は三杯酢付きの商品が多くを占める中、四国の1位、関西麺業(高知市)の「太平洋の恵み ところてん」は鰹だしだ。「県内は通常、鰹だしで食べる」(同社)という。直近の月間ランキングでは2位も鰹だしの商品が並び、高知流の食べ方が売り上げをけん引しているようだ。

一方、近畿はところてんを黒蜜でおやつとして食べることが多く、1位は「丸型ところてん 三杯酢」だが、同商品を発売するオーカワ(奈良県下市町)では黒蜜の商品も販売し人気。直近の月間ランキングは2位、3位が黒蜜。トップ10のうち4商品が黒蜜と、他の地域とは異なるランキングとなっている。

その他、もち米やキャベツ漬、うり漬などのカテゴリーでは全10地域で売上ナンバー1の商品が異なっており、地域色豊かな地元企業の活躍が目立つ。売り上げを基準としたPOSデータで見ても、各地に根付く食文化が色濃く残っていることがわかる。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
北陸・九州、地元しょうゆ奮闘
MONO TRENDY連載記事一覧