powered by 大人のレストランガイド

スイーツからバーまで 銀座の奥に大人のネオ秘密基地

「日比谷OKUROJI」内、「パティスリーパロラ」の独創的メニュー「レモンのスペシャリテ」
「日比谷OKUROJI」内、「パティスリーパロラ」の独創的メニュー「レモンのスペシャリテ」

新橋駅から銀座方面に歩くこと5分。JRの高架下沿いに突然、奥へと伸びる洞窟のような通路が現れる。看板はあるが、目立たないため通行人も「何だここは?」と不思議な表情をしつつ中へと吸い込まれていく。今年2020年9月10日に開業した「日比谷OKUROJI(ヒビヤオクロジ、以下、オクロジ)」だ。

今から100年以上前、1910年から使われていた鉄道の高架橋を再利用した商業施設だ。明治末期にドイツ人技師指揮のもと造られたアーチ型の入り口や赤レンガの壁は趣がある。通路として誰でも歩けるが、両脇にはおしゃれなレストランや大人のバー、スイーツ専門店、地方の伝統工芸品を販売するショップが300メートルにわたってずらりと並び、何度も立ち止まってしまう。

銀座のJR線高架下に現れる秘密基地「日比谷OKUROJI」

縦に長い広大なスペースだが、ここにはもともと何があったのだろうか?

「倉庫や新聞の配送所として使われたり、1964年の東京オリンピック開催時は外国人向けの土産物店が集まったり、時代によって変遷したようです。今回は近隣で働くビジネスパーソンを中心に、同じ興味を持つ人が集い、交流する場所になることを目指しました。訪れた方が、日本の飲食や伝統工芸の優れた技術と、その背景にあるストーリーを体感できる出店者さんを全国から探してきました」とは、ジェイアール東日本都市開発の女性担当者の談。

すでに飲食店19店を含めた32店が営業中だが、まだ準備中のテナントもあり、最終的には50店が開業するそうだ。今回は 「食」にしぼり、大人が楽しめる店をセレクトして紹介する。

高級スイーツとワインをペアリングで楽しめる「パティスリーパロラ」

1店目はメディアに引っ張りだこのスイーツ専門店「PATISSERIE PAROLA(パティスリー・パロラ)」。いきなり甘いもの?と後ずさりした男性たち、少しお付き合いを。意外にもオープン直後から男性(それも中高年)に強く支持され、予約した男性客で席が埋まる日もあるという。

フランス出身のシェフ、アレクシ・パロラさんが作る旬のフルーツを使ったスイーツをワインや中国茶とペアリングできるのが売りだ。名物はシェフこん身の「レモンのスペシャリテ」。生のレモンに見えるが、実はホワイトチョコレートで固めたレモンのムースだ。ナイフでカチンと割って食べ、アルザスのワインを合わせる。ライチのような華やかな香りがある甘口ワインと、甘酸っぱくクリーミーなムースを交互に味わい、脳内が一気に幸せオーラ満開に。

また日本初登場というフランス老舗メーカーの高級バター「BORDIER(ボルディエ)」を使ったカヌレも大好評で、こちらはテークアウトもできるため、1日で400個売れた日もあったという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド