powered by 大人のレストランガイド

ボージョレブーム第2幕 新酒とは違う多彩な味わいエンジョイ・ワイン(32)

ワインショップ「WINE MARKET PARTY」で売られている様々なボージョレ・ワイン
ワインショップ「WINE MARKET PARTY」で売られている様々なボージョレ・ワイン

11月19日は「ボージョレ・ヌーボー」の解禁日。平成の一時期、大ブームを巻き起こしたこのフランス産ワインの新酒だが、近年の輸入量は右肩下がり。一方でそれに反比例するかのように近年、同じ場所で造られるボージョレ・ワインの人気が世界的に高まりつつあり、原料となるブドウ品種ガメイにちなみ、愛好者を「ガメラー」と呼ぶ動きも。新酒とはひと味違うワインの多彩な表情と時代にマッチした味わいが背景だ。熱烈な愛好家らが薦めるボージョレ・ワインを今回は紹介しよう。

ボージョレはフランスの銘醸地ブルゴーニュの南端に位置する地区の名前。同地区で造られ、毎年11月の第3木曜日に、世界各地で一斉に売り出される新酒が、ボージョレ・ヌーボー。かつて解禁日には日本でもお祭り騒ぎとなったのをご記憶の方も多いだろう。

ボージョレ地区では新酒以外のワインもたくさん造っており、「ボージョレ」や、ワンランク上の「ボージョレ・ヴィラージュ」という名前で売られている。さらにランクが上のワインもあり、「ムーラン・ナ・ヴァン」や「モルゴン」など、そのワインが造られた村の名前を冠している。ボージョレ・ワインは、それらの総称だ。

日本のボージョレ・ヌーボーの輸入は減少傾向にあり、昨年の輸入量はピークだった2004年の4割程度にまで落ち込んだ。一方、ボージョレ・ワインの人気は世界的に高まっており、英国のワイン専門誌「デキャンタ―」によると、英国では昨年、赤とロゼのボージョレ・ワインの輸入量が前年比22%も増えた。米国は、数年前に日本を抜いて、ボージョレ・ワインの世界最大の輸入国となっている。

輸入減少が続く日本でも、ボージョレ・ワインの熱烈な愛好家が少なくない。彼らは、ボージョレ・ワインの原料となるブドウ品種ガメイをもじって、自らを「ガメラー」と呼んでいる。最近は、ガメラーがひそかに増殖しているとの話も、よく耳にする。

そんなガメラーの1人が、ワインショップ「WINE MARKET PARTY」(東京・渋谷)の店長、沼田英之さんだ。「新人のソムリエには、ガメイの魅力を教えるため、必ず熟成したガメイのワインを飲ませる」という沼田さんは、その魅力を「表情が豊かなこと」と説明する。

ガメイから造るワインは、ボージョレ・ヌーボーのイメージが強いため、若いうちに飲むライトボディーのワインと思われがちだが、よく熟したブドウをていねいに仕込んで造るガメイは、フルボディーに近く、熟成するに従い、複雑な風味を帯びる。ブドウの栽培方法や醸造方法で味わいも大きく変わるため、「ブラインドでガメイを飲むと、ボディーのしっかりしたシラーやピノ・ノワールと間違う人も多い」と沼田さんは話す。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド