20年「地方発ヒット」19選 大賞はひもで切る大福

日経トレンディ

弁才天の「フルーツ大福」は、半分に切ると色鮮やかなフルーツの断面が現れる。専用のひもを付属し、断面を崩さずに切り分けさせる商品設計が当たった
弁才天の「フルーツ大福」は、半分に切ると色鮮やかなフルーツの断面が現れる。専用のひもを付属し、断面を崩さずに切り分けさせる商品設計が当たった
日経トレンディ

商品を作るだけではなく、売り方までデザインする時代がきている。新型コロナが拡大し、実店舗だけでは立ち行かないこともある。そんな中、2020年、地方からヒットした商品は何だったのか。北は北海道から南は沖縄まで、全国のヒット商品を19個まとめて紹介する。

大賞は「フルーツ大福」、ひもで切る「萌え断」が人気

SNSの活用が見事にはまって大賞となったのが、19年10月にオープンした愛知県の弁才天が販売する「フルーツ大福」だ。大福を半分に切ったときの断面が写真映えすることに着目し、切り口が崩れにくい「ひも」を付属。イチゴやキウイなどの断面を撮影し、インスタグラムに「#萌え断」タグを付けて投稿する人が続出した。断面を共有したいという思いとインスタグラムの相性が良く、瞬く間に拡散された。

大福を結ぶようにひもをクロスし、両手で引くことで奇麗に切ることができる

オーナーの大野淳平氏は、広告やデザインの仕事をしていた過去を持つ。多くの企業の相談に乗ってきた経験を生かし、自分で何かを生み出したいと立ち上げたのが弁才天だった。フルーツ大福に勝機を感じ、「美しい断面を見せることで必ずシェアしたくなる。それには包丁ではだめで、ひもを使えばいいのではないか」と考えたという。

重要なのはフルーツや白あん、求肥(ぎゅうひ)といった素材だけではない。消費者の満足度を高めるために、できるだけ大きなフルーツを包むことにこだわり、伸びやすく破れにくい皮を研究。機械では包めないため、すべて手作業で製造している。商品の質と、その伝え方がうまく合わさった好例だ。

1号店のオープン後は、20年8月に東京・銀座に進出。当初は1日100個程度売ることを目標にしていたが、1年足らずで、1日1万個以上売り上げる店に急成長を遂げた。年末までに全国22店舗に拡大する予定だ。

「益子陶器市」ウェブ版に3週間で55万アクセス

例年40万人が来場する陶器市をオンライン開催
役場職員を中心とする実行委員会が、3週間でウェブサイトの制作、作家や窯元への出品依頼、撮影などの準備をした

コロナ禍で中止を余儀なくされた物販イベントをオンライン上で開催し、集客に成功したのが、20年4月29日から約3週間行われた栃木県益子町の「益子春の陶器市WEB版」。

50年以上続いてきた同陶器市の中止が決まったのは4月3日。だが早くも7日には、IT業界出身の地域おこし協力隊員を責任者とし、益子町の役場、観光協会、商工会がタッグを組んで、ウェブ版の実行委員会を設置。ウェブ版への参加を表明した作家や窯元154軒の作品の撮影、説明文の作成、ウェブサイトへの出品作業などを急ピッチで進め、例年と同じ4月29日の開催にこぎつけた。

期間中のアクセス数は、例年のリアルの来場者40万人を上回る55万件。売上額は想定の4倍程度の4700万円に達した。「北海道や関西など遠方からのアクセスも多く、ファン層の広がりを感じた。リアルの陶器市が復活しても、ウェブ版は有効な販売チャネルとして残す意向」(同実行委員会)。

マスク掛けの「しっぽ貸し手」、ネコにしたら2カ月待ち

山本製作所の「しっぽ貸し手」。工場付近に現れるネコを見てひらめき、シルエットに採用すると最大2カ月待ちの商品に

今年の必需品であるマスクに関するヒット商品は地方にも多かった。中でもユニークだったのが愛知県の金属加工工場・山本製作所の「しっぽ貸し手」だ。

社長の田中倫子氏の前職は看護師で、「マスクを外したときの置き場に困る」という医療現場の声を解決すべく、持ち運べるマスク掛けのアイデアを思い付く。素材には、インフルエンザウイルスなどを不活化する効果があるとされる銅を含む真ちゅうを使用。そしてデザインに悩んでいたときに、1匹のネコが目の前を通った。

「尻尾を伸ばしたネコの形状なら、フックとして引っ掛けられるし、エレベーターなどのボタンを押す器具としても使える。何より見た人が笑顔になるはず」とひらめいた。予想は的中。各種メディアで取り上げられると注文が増え、最大2カ月待ちのヒット商品に。20年5月下旬に発売してから6000個以上を売り上げた。

皮膚科医のお墨付きで人気「ラ・メイキャ ゴッドパウダー」

北海道ナチュラルバイオグループの超微粒子フェイスパウダー。パウダーが皮脂や汗を吸着し、メイクを崩れにくくする

マスク着用時のメイクが話題になったのを追い風にブレイクしたのが、北海道ナチュラルバイオグループの「ラ・メイキャ ゴッドパウダー」。皮脂や汗を吸着し、べたつきを抑えるシリカ(鉱物)が原料の、超微粒子フェイスパウダーだ。

シリカ100%使用の同商品は類似商品に比べて割高で、夏以外の販売数は例年、月に50個程度だった。しかし著名な女性皮膚科医が「マスクに化粧が付きにくくなる」と20年4月末に動画で紹介すると、注文が殺到。2日間で1万個以上を受注した。

フォロワー増で棚ぼた「くんせいナッツドレッシング」

やすもと醤油の「くんせいナッツドレッシング」

「運も実力のうち」というが、その言葉を地で行ったのが島根県の「やすもと醤油」だ。会社の公式ツイッターの「中の人」が20年8月、「(一応)企業アカウントなので成果がないとツイッターを辞めさせられてしまう厳しい世界です」。などとつぶやいたことをきっかけに、シンデレラストーリーが始まった。

新型コロナの影響で、通販サイトを強化する施策として始めたツイッターだったが、直前のフォロワーは40人。しかし自虐ともとれるつぶやきが瞬く間に拡散され、1日で6万人まで跳ね上がった。それに伴い、「くんせいナッツドレッシング」などの商品が通常の5倍近い売り上げを記録した。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
食パン1枚で食べられる!「ホットサンドソロ」が人気
MONO TRENDY連載記事一覧