笑いに全力投球 史上最低のミュージカル(井上芳雄)第80回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。11月9日に東急シアターオーブでミュージカル『プロデューサーズ』が開幕します。僕にとっては今年初めての新作ミュージカル。この数カ月はコンサート形式や再演ものが多かったなか、久しぶりに1カ月以上稽古をして臨む大型の作品です。ブロードウェイで大ヒットしたミュージカルコメディの傑作を、笑いの文化が異なる日本のお客さまにどう楽しんでもらうか。全力で笑いに取り組む毎日です。

ミュージカル『プロデューサーズ』は11月9日~12月6日まで東急シアターオーブで上演。ブロードウェイのプロデューサー、マックスを演じる井上芳雄

『プロデューサーズ』はブロードウェイミュージカルを題材にしたブロードウェイミュージカル。かつてヒット作を生んだプロデューサーで、今は落ちぶれて破産寸前のマックスが、気弱な会計士のレオと組んで一獲千金を狙う話です。舞台が成功するよりも失敗したほうが利益を生むことに気づいたマックスは、舞台をわざと失敗させて、資金をだましとる詐欺を思いつき、史上最低のミュージカルを作ってボロもうけしようと計画します。1968年の同名映画を基に、2001年にブロードウェイで舞台化されて、その年のトニー賞で史上最多の12部門で最優秀賞を受賞したコメディの傑作。05年には舞台を演出したスーザン・ストローマンが監督を務め、同じ主要キャストで映画化もされました。

今回は僕がマックス、吉沢亮君と大野拓朗君がWキャストでレオを演じます。演出は福田雄一さん。映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍されているクリエイターで笑いの達人です。福田さんとは、17年からミュージカルコントの番組『グリーン&ブラックス』(WOWOW)を一緒にやらせていただいています。舞台はストレートプレイの『ナイスガイ in ニューヨーク』でご一緒しましたが、ミュージカルは初めて。いつかやりたいですねと言っていた念願がかないました。コメディにこだわってこられた福田さんが手がけられるのにぴったりの大作なので、僕も挑戦のしがいがあります。

まさにアメリカ人が大好きなタイプのコメディで、風刺が効いていて、パロディーも満載。いわゆるアメリカン・ジョークもたくさん出てきます。なにしろ設定からハチャメチャ。お金持ちのおばあさんを言いくるめて、関係を持ちながら資金を調達。ナチスに心酔している作家が書いた『ヒトラーの春』という脚本を、ゲイのカップルで最悪の演出家とその助手に手がけさせて、主演女優には美人だけど英語が話せない女優を起用。大コケ間違いなしのミュージカルを作ろうというのですから。日本人にはなじみが薄い笑いの要素も多いので、そこをどう表現するかが今回のチャレンジでもあります。

ブロードウェイで演出を務めたスーザン・ストローマンには、リモートでのミーティングの際に「日本でやるとき、文化の違いでギャグが分からないこともあると思うのですが、どうしたらいいですか」と聞いてみました。すると、「ニューヨーカーが大喜びするネタがたくさん詰まっているから、確かに反応が違うことはあるでしょうね。テンポやリズムを変える必要があるかもしれないわ。でも、とっぴな人物を演じるのではなく、あくまでもリアルな人物で、極端な人たちがたくさん出てくるというふうにやってほしいの」と有益なアドバイスをくださいました。

福田さんのやり方は、1幕のお芝居や動きを2日くらいで作って、3日目にはもう通しで稽古をします。2幕も同じで、とにかくばーっと全体を一度作ってみる。そのあと1週間から10日くらいかけて、役者がこうしたら面白いんじゃないかと思う演技をいろいろやって見せて、ネタがたまってきたら福田さんが整理して、本番の初日に向かうという流れです。今回は、ブロードウェイの舞台に忠実であることを大前提に、笑いの文化の違いを多少フォローしたり、表現を工夫したりというさじ加減を稽古で試行錯誤してきました。

僕もずっとミュージカルコメディーをやってきて、ブロードウェイで大笑いされている場面を、日本でそのままやっても、お客さまがポカンとなってしまうことが多々ありました。福田さんが前に言っていたのは、日本の笑いの文化はボケとツッコミだけど、米国の笑いは基本的にボケっぱなし。お客さまがよく笑うから、お客さまの笑いがツッコミとなって成立している。その違いなんだと。日本のように、ボケたら誰かがツッコんだ方が、ここは面白いところなんだ、とお客さまに分かりやすいのですけどね。だから今回、僕はずっとツッコミをやっているのですが、下ネタのジョークで笑えるか笑えないかぐらいのものは「今、言ったの下ネタなんだけどね」と一言足すようなことも稽古で試してみました。そこはまだ手探りしている段階です。

注目記事
次のページ
笑いは常に100%の力でリアクション
今こそ始める学び特集