発売、ソニー「PS5」 5万円以下に潜む本当のすごさ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の最新ゲーム機「プレイステーション(PS)5」が11月12日、発売された。前モデルのPS4が北米は2013年11月、日本は2014年2月に発売されて以来、約7年ぶりの世代交代だ。Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えた「PS5」の価格は4万9980円(税別、以下同)、ディスクドライブ非搭載の「PS5 デジタル・エディション」は3万9980円となっている。

量販店などで抽選販売が開始されると、その結果にゲームファンは一喜一憂。ネット通販アマゾンでの10倍以上の高額販売が問題になるなど、大きな話題を巻き起こしている。これほどまでに注目を浴びているのも、ここ数年、好調な販売を続けてきたPS4に最新技術を盛り込み、高性能化させたのがPS5だからだ。

PS4は8月に販売台数1億1200万台を突破し、PS2の1億5500万台に続く台数を記録している。PS2は「ゲーム機史上最も売れたゲーム機」とされ、PS4はそれに匹敵する世界的な大ヒット商品である。後を受けたPS5がどれほど売れるか注目されるのも当然だろう。

PS4向けのソフトウエアタイトルは4000以上にも上る。その99%以上がPS5で「プレー可能」であると、SIEのシニアバイスプレジデントでプラットフォームプランニング&マネジメント統括責任者を務める西野秀明氏がPlayStation.Blogで語っている。このように、PS4のソフトウエア資産がそのまま生かせる点は、従来機のユーザーにはとても心強い。PS5用として開発が進められているタイトルは現在約30で、そのうち本体と同時発売のローンチタイトルは当初の発表では11タイトル、うち「Destruction AllStars」の発売が21年2月に延期となったため、10タイトルに。さらにPS4用として販売されているタイトルの中には、PS5の本体発売と同時にPS5版がリリースされ、追加購入なしでPS5版が遊べるようになるものもある。

縦置きにも横置きにも対応可能な設計はPS2以来の伝統。光学ドライブのない「PS5 デジタル・エディション」(写真左)はゲームソフトをダウンロード購入する
本体と同時にリリースされるSIEワールドワイド・スタジオのPS5用タイトルは、PS5本体にプリインストールされている「ASTRO's PLAYROOM」のほか、「Demon's Souls」「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」「リビッツ!ビッグ・アドベンチャー」。写真はPS3で人気を博した同名タイトルのフルリメイク作品「Demon's Souls」 (C)Sony Interactive Entertainment Inc.

高精細でよりリアルな映像表現が可能に

PSシリーズは、PS4からそれまでの独自路線とは違い、ハードウエア設計を一般的なPCに寄せた方向に舵(かじ)を切った。何より特徴的なのが、そのメインプロセッサーだ。PC用途などですでに大量に生産されているx86-64アーキテクチャーを採用した、米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)製のカスタムチップを搭載している。x86-64はWindowsPCなどで広く使われている、インテル製CPUと互換性を保ったAMDのアーキテクチャーだ。つまりPS5は根本的な部分で、一般的なPCにかなり近い設計となっているのだ。

PS5では中央演算処理装置(CPU)や画像処理半導体(GPU)の処理能力が格段に向上した。メモリーの容量は2倍になり、ハードディスクドライブ(HDD)に比べて読み書きスピードが速いソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を標準ストレージとして採用。PS4を超えるスペックの部品を実装することで、性能を数倍に引き上げている。特にSSDはカスタム化されたI/O(入出力)との組み合わせにより、1秒間に5GBという超高速な読み込みを実現しているのも興味深い。ゲームの起動やプレー中での大きなデータを読み込むような場面で、体感的なストレスを大幅に軽減してくれるだろう。カスタム化された部分には、圧縮されたデータがCPUから非圧縮のものとして扱えるような仕組みもある。スムーズなゲームプレーのために従来は必要だった、読み込み用のバッファが小さくでき、その分、メインメモリーを多く使えたり、従来は読み込みスピードに配慮して粗くせざるを得なかったテクスチャーデータを高精細にできるなど、PS5の高速なSSDはゲーム体験を向上させる可能性を秘めている。

また、ディスクドライブ内蔵モデルはUltra HD Blu-rayディスクドライブを搭載。さらに映像出力に関しては4Kはもちろん、8Kテレビへも可能となっている。

GPUでは3Dグラフィックスの最新トレンドである、レイトレーシングへの対応がうたわれているのもポイントだろう。人の目は光源から発せられた光が物体に当たり、反射した光を捉えてその物体を認識する。レイトレーシングとは、こうした光線の経路を追跡して、映像表現に生かす手法だ。水面や鏡での反射や映り込み、ガラスなど透明な物体を通して見たときの透過や屈折といった描写、影の方向やそのディテールなど、よりリアルな映像表現が可能になる。

ただし、このレイトレーシングは非常に複雑な計算を必要とするうえ、ゲーム中はそれをリアルタイムに処理しなければならない。PS5のGPUはこれをより高速に処理する仕組みを実装しているものと思われるが、「対応」という表現なので、どれほどの実力か気になるところだ。とはいえ、4Kや8Kへの対応で、より高精細な解像度で映像を出力できるだけでなく、その映像表現の質を大きく向上させる可能性をPS5が持っているのは間違いない。

世界中から集まったスターたちが繰り広げるカーアクションゲーム「Destruction AllStars」。当初はローンチタイトルのひとつとして発表されていたが、来年2月への発売延期が10月末に発表された (C)Sony Interactive Entertainment Europe Ltd. Developed by Lucid Games Limited.
注目記事
次のページ
触覚まで再現する新コントローラーと3Dサウンドに注目
今こそ始める学び特集