YouTubeで急上昇、Vaundy 「違和感入れるのを意識」

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

今の時代に、どうすれば多くの人に楽曲を届けられるか。20歳の男性シンガーソングライター、Vaundy(バウンディ)が出した答えは、「もう音楽は耳だけで聴くものじゃない」ということだった。2019年9月にYouTubeにアップした『東京フラッシュ』が話題となり、2カ月で100万再生を突破、現在1000万再生を記録する。

20歳の現役大学生。作詞、作曲、アレンジをすべて自分でこなし、アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースするマルチアーティスト。1stアルバム『strobo』が発売中

CDを出したこともない無名の新人歌手でも、YouTubeに上げた自作のミュージックビデオで人生が大きく変わる。今やそんな時代に突入している。Vaundyは今年に入ってSpotifyの20年の注目アーティスト「Early Noise」に選ばれ、5月にはデビューアルバム『strobo』をリリース。しかもドラマ主題歌に2曲が抜てきされるというから驚きだ。彼はどんな音楽人生を歩んできたのだろうか。

「中学3年生ぐらいから、今も使っている音楽制作ソフトのCubaseで曲を作り始めました。なのでストックしている曲はかなりあります。その倍ぐらいボツにした曲もあるんですけどね(笑)。高校時代には『歌い手』もやってて。その際にパソコンで歌声を録音し、ミックスも自分で行ったり、オケにこの音を足したら面白くなるかもとか、遊びながら技術を習得してきました。あの頃に培ったものが、今の自分にすごく生きているなと思います。

YouTubeに初めて自作曲を投稿したのは、昨年6月の『pain』という楽曲で、ミュージックビデオまで作りました。というのも今の時代、もう音楽は耳だけで聴くものじゃないから。視覚と聴覚がうまく合わさった時に初めて、SNSで楽曲が広まっていくものだと思っています」

彼の代表曲とも言える『東京フラッシュ』は、キャッチーなギターのリフにメロウなサウンドが絡む、Vaundy流のシティポップに仕上げている。また、ミュージックビデオはVaundyが深夜の東京の街を、あてもなく歩き回る様子をワンカット風の映像に収めたものだ。

「『東京フラッシュ』を作ったときは、シティポップをよく聴いていて。今売れてる曲やプレイリストに多く入っているものを聴き比べて、『共通点って何だろう?』って考えながら制作していきました。あと、僕は何よりもメロディーが大事だと思っていて。この曲の冒頭から鳴っている特徴的なギターのリフも1回聴けば口ずさめる単純なもの。今の時代はストリーミングで音楽を聴く人も多いので、違うと思ったら、すぐ別の曲に飛ばされてしまう。だから、5秒以上聴きたいと思わせるような、つかみがすごく大切なんです」

不安定な曲が理想

「それに加えて違和感というか、ひっかかりのある要素も入れるように意識しています。キックやタンバリンが鳴るタイミングをわざとズラしていたりとか。あと、『君の目が覚めたら』という歌詞の『き』の音もわざと少し外しました。常に平均台の上を歩いているような気持ちで聴いてもらいたいんですよね。不安定ゆえについ引きつけられてしまうような感覚のある楽曲が理想です。

ミュージックビデオは、同い年の監督(MIZUNO)CABBAGEと作ったんですけど、僕が思ってることをそのまま形にしてくれました。いろんなことが考えられる作品にしたかったんですよね。あえてストーリーは分からないようにしていて、10人が見たら10人が違う感想を持つようなものをイメージして作りました」

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
楽曲をデザインする
エンタメ!連載記事一覧