――他のアイテムと組み合わせることでカジュアルさを緩和するのですね。

「そうですね。スエットはシンプルなデザインのものが多いので、一枚だと面白みに欠ける印象になりがちです。そこでほかのアイテムと合わせることでコーディネートにひねりを加える意図もあります」

黒で統一しシックな印象に スニーカーの白がアクセント

――今回は実際にスエットを使ったコーディネートを組んでもらいました。まずはTHE HINOKI(ザ ヒノキ)の一着を使ったスタイルです。

「裾の部分にポケットが付いています。先ほどお話ししたようなデザイン性の高いスエットの例ですね。インナーにタートルネックのカットソーを合わせることでカジュアルさも少し抑えています」

スエット 1万9000円(ザ ヒノキ)、タートルネックTシャツ 1万2000円(ザ ヒノキ)、パンツ 1万9000円(ザ ヒノキ)、スニーカー 1万5000円(ザ ヒノキ)

――重ね着が効果的です。

「あとは全身を黒で統一して、より大人らしい雰囲気にまとめています。スエットで連想しがちなストリートスタイルとはまた異なる着こなしです」

――パンツはどう選んだのですか?

「同じくTHE HINOKIのパンツです。腰にゴムの入ったイージー仕様ですが、素材が上質なウールなので、カジュアルさが感じられないのが魅力です」

――素材の風合いがアイテムごとに違うので、同系色でまとめてものっぺりした印象はありませんね。スニーカーはアッパー部分が一部白いですが、黒一色のものを選ばなかった理由はなんでしょう?

「黒で統一する時はいつも足元で“外す”ようにしています。なのでアクセントとしてこれを選びました。もちろん真っ黒なスニーカーでそろえるのもいいですけどね」

インナーにはタートルネックのTシャツを着用
スニーカーの白が全体のアクセントに

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
ロングコートと革靴で上品に スエットはサイズ抑えめで
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram