ノータイなら 首元や胸元にボリュームを持たせる装い

ストール、ボタンダウンシャツ、チーフの装いをファッションディレクターの森岡弘さんが解説する
ストール、ボタンダウンシャツ、チーフの装いをファッションディレクターの森岡弘さんが解説する

「服の着こなしもファッションも、ビジネススキルの一つ」と捉えるファッションディレクター、森岡弘さん。ジャケット着用の季節になり、ノーネクタイでビジネスに臨むのなら、それなりの装いが必要になる。「スーツやジャケットにはネクタイが基本。ノーネクタイでアイテムを1つ取るなら、1つ足さないといけない」と話す。




例えば、ボタンダウンシャツやポケットチーフは引いたものを補ってくれるアイテム。ストールやマフラーも、Vゾーンにボリュームを持たせて、バランスを整えてくれる。

「ネクタイのないスタイルで物足りないな、と思ったら、これらをトライしてほしい」と森岡さん。ボタンダウンの襟の立て方、チーフの素材選びやさし方、ストールの巻き方など、装いのコツをまとめてお届けする。

《この映像の記事を読む》ボタンダウン 見栄えのカギは襟のロール 映像で解説

「やはりボタンダウンシャツは、立った襟が魅力。洗濯したあとなど、襟が寝ないように指でロールを整えることも忘れないでやってほしい」と森岡さん。「ボタンダウンシャツはできるだけオーソドックスなタイプを試してほしい」とアドバイスする。

◇  ◇

《この映像の記事を読む》ノータイ・スーツがキマる簡単チーフ3種 映像で解説

ポケットチーフは畳み方、さし方で雰囲気がガラッと変わる。オーソドックスなのが、TVフォールド(スクエア)、パフドスタイル、クラッシュなどだ。TVとパフのほか、クラッシュにパフを組み合わせたパフドクラッシュの3種のチーフの畳み方、さし方を映像で解説する。

◇  ◇

《この映像の記事を読む》トールは「森岡巻き」で差をつける 映像で解説

ストールは秋冬ならではのファッションの楽しみ方。森岡さんの巻き方は、装い全体のバランスを整えてくれるほか、首もとにボリュームを持たせ、小顔効果も期待できるもの。森岡流をまねしながら、自分ならではの巻き方を楽しむことを森岡さんは勧める。


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram