powered by 大人のレストランガイド

ソウルフード卵かけご飯 日本でこれだけ広がった理由

日本人のソウルフード、TKG・卵かけご飯=PIXTA
日本人のソウルフード、TKG・卵かけご飯=PIXTA

ボンジュール! パリからお届けする「食の豆知識」。さて皆さんは10月30日が何の日かご存じだろうか? 答えは、日本人のソウルフードの代表格、「たまごかけごはんの日」だ。卵かけご飯は、専用のしょうゆも何種類も販売されており、TKGと呼ばれ多くの日本国民に愛されている。

この記念日は、島根県雲南市吉田町にある「日本たまごかけごはんシンポジウム実行委員会」によって制定された。同委員会事務局の吾郷雄太さんによると、「10月30日に記念日を制定したのは、2005年に初めて同シンポジウムが開催された日であること。加えて、新米のご飯が食べられる、鶏にとっても過ごしやすくなる、新しょうゆが出回る、この3つの時期が重なる10月が卵かけご飯を最もおいしく頂ける時期と捉えたからです」とのこと。毎年この時期に開催される同シンポジウムには、県内外から多くの卵かけご飯好きが集まるが、今年はコロナの影響もありオンラインで様々な企画が催された。

帰国時に筆者が必ず食す、三陸のいくらをたっぷりのせた卵かけご飯

「生卵×ご飯×しょうゆ」。日本では、ともすれば「手抜き飯」と捉えられがちな卵かけご飯。ところ変われば、それは一気にごちそうに変わる。

筆者は、自他ともに認める筋金入りの卵好きだ。無論卵かけご飯にも目がない。炊飯器がないパリの自宅で、毎回貴重な日本米を鍋で炊き、通常の卵より約3割高価な有機卵を炊きたてご飯にかけて頂くのは、故郷に思いをはせる大切なひとときだ。そして喜々として卵かけご飯を食べる筆者の姿を、まるで珍獣でもみるかのような目でみつめる仏人配偶者。彼は「卵を生で食べるなんてアリエナイ」と、かたくなに卵かけご飯の存在を否定する。

ふと思う。なぜこんなにも、日本人は卵が好きで、生食することに抵抗がないのだろうか。卵好きな日本人は、まずデータから読み取ることができる。IEC(国際鶏卵委員会)による、2019年の主要国1人当たり鶏卵消費量を見ると、なんと日本は世界第2位。1人当たり年間338個だ。ちなみに1位はメキシコの372個、3位はロシアの306個で、ここフランスは20位の223個。

さらに、農林水産省による2019年の国内食料自給率をみてみると、日本の食料自給率(生産額ベース)は総合66%のうち、鶏卵は96%。日本人は国内で作られた卵を、ほぼ毎日、1人1個消費しているということになる。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド