新作はDJで ブシロード会長のマーケ戦略、核は音楽

日経クロストレンド

スマートフォン向けゲーム『D4DJ Groovy Mix』のキービジュアル (c)bushiroad All Rights Reserved. (c) Donuts Co. Ltd. All rights reserved.
日経クロストレンド

ゲーム、アニメ、ライブ……。大規模なメディアミックスで次々と人気IP(キャラクターなどの知的財産)を生み出してきたブシロードが新たなタイトル「D4DJ」を立ち上げた。「SNS(交流サイト)時代、消費者は勝ち組にしかくみしない」「IPは垂直立ち上げしかあり得ない」という同社木谷高明会長のマーケティング戦略は独特だ。

ブシロード代表取締役会長の木谷高明氏(写真/酒井 康治)

ブシロードの新たなメディアミックスタイトル「D4DJ(ディーフォーディージェー)」。ガールズバンドの「BanG Dream! (バンドリ!) 」、歌劇の「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」(レヴュースタァライト)に続き、同社が題材に選んだのはDJだった。

コロナ禍の中でも、キャスト(キャラクターを演じる声優)によるライブやアニメ、大規模な交通広告などで認知度を高め、2020年10月25日には満を持してスマートフォン向けゲーム『D4DJ Groovy Mix』(グルミク)をリリースした。次々ヒットIPを生み出す同社の木谷高明会長に、同作で展開するマーケティング戦略について聞いた。

音楽が最もスマホを生かせるコンテンツ

――バンド、歌劇と来て、今度はDJ。いずれも“音楽”が重要なファクターになっていますね。

「僕の中で、『バンドリ!』『レヴュースタァライト』『D4DJ』は『音楽3部作』と位置付けているんですよ」

「D4DJ」は「BanG Dream! (バンドリ!)」「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」と並ぶ「音楽3部作」と位置付けられているという (c)BanG Dream! Project (c)Project Revue Starlight

「今のゲームはどうしてもスマホが軸になりますが、スマホというのは、これ1つでゲームができて、映像が見られて、音楽が聞ける。イベントに行けば写真が撮れるし、SNSでは仲間と情報交換もできるデバイスです」

「これら“できること”を並べてみると、音楽を活用したコンテンツを核にすることがスマホを最も効果的に使える道だと気づいたんです」

――中でも、DJを題材に選んだきっかけは?

「『レヴュースタァライト』の企画が動き始め、次の題材を探していたとき、F1のシンガポールグランプリの会場で開催されたライブを見たんです。米国の音楽ユニット、ザ・チェインスモーカーズが出演していたのですが、彼らがクイーンの『伝説のチャンピオン』をやったとき、会場にいた子供から高齢の客までが一体となって盛り上がりましてね。『みんなが知っている曲を流すとこんなに盛り上がるんだ』と驚いた。そこで、『次はDJだ』と思ったんです。DJならバンドよりも幅広い曲が扱えて、幅広い年齢層にアピールできる。2017年のことです」

――「D4DJ」のアニメやライブ、ゲームで扱う曲は、『タッチ』や『銀河鉄道999』といったアニメ主題歌、中森明菜の『DESIRE -情熱-』、相川七瀬の『夢見る少女じゃいられない』といった懐かしの曲から、『徹子の部屋のテーマ』や『警部補・古畑任三郎のテーマ』『ルパン三世のテーマ』のような人気番組のテーマ曲まで多彩です。

「世代を超えた名曲や話題曲をたくさん取り入れました。誰しもが聞いたことがあるような曲がたくさんあるので、ぜひ注目してほしいですね」

――いろいろな曲を題材にできるのは、先におっしゃったDJならではの利点ですね。

「ええ。ただ、難点ももちろんあります。DJというと1人もしくは2人組のイメージがあって、キャラクターコンテンツになりづらいことです。キャラクターを売りにするなら、ある程度人数がいたほうが展開しやすい」

「そこで『D4DJ』では、DJのほかに歌ったり踊ったり、楽器を弾いたり、VJ(ビデオジョッキー)をやったりするメンバーを加え、4人組のユニットにしました。それを6グループ作ったのです」

「D4DJ」には4人組のDJユニットが6グループ登場する (c)bushiroad All Rights Reserved. (c)Donuts Co. Ltd. All rights reserved.

――バンドの中にDJがいるのではなく、あくまでもDJを中心に他のメンバーがいるという構成ですね。

「『D4DJ』はDJが中心です。その上で、例えば『バンドリ!』などブシロードの他のIPのバンドとコラボするライブをしてもいいと思っています。バンドとDJが交互にステージに上るライブは国内外で開催されていますよね。バンドの演奏時はがっと盛り上がり、DJがプレーする時間はリラックスするような。DJだからこそ、今後いろんな展開が期待できると考えています」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
新規コンテンツで大ヒットは困難な時代に
MONO TRENDY連載記事一覧