松尾スズキ 「期待しない強さ」身に付けコロナに挑む

日経ARIA

作家・演出家・俳優の松尾スズキさん
作家・演出家・俳優の松尾スズキさん
日経ARIA

新型コロナウイルスは、その感染拡大を防ぐために数多くの舞台公演が中止になるなど、演劇界にも深刻な影響をもたらしました。作家・演出家・俳優の松尾スズキさんは、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンの3代目芸術監督に就任した直後にコロナ禍に見舞われる格好に。長い自粛期間を経て感染予防対策を行いながら各劇場が再開に向けて動き出す中、2020年10月から上演されている自身の新作ミュージカルへの思いを聞きました。

松尾スズキ
作家、演出家、俳優。1962年12月15日生まれ、福岡県出身。88年に大人計画を旗揚げ。主宰として作・演出・出演を務めながら、脚本家の宮藤官九郎ら多くの人材を育てている。97年『ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~』で岸田國士戯曲賞受賞。小説『クワイエットルームにようこそ』『老人賭博』『もう「はい」としか言えない』は芥川賞候補に。主演したテレビドラマ『ちかえもん』は文化庁芸術祭賞などを受賞した。2019年に上演した「命、ギガ長ス」で読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。20年、Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任。

演劇に関わる多くの人を励ましたい

―― コロナ禍によって、あらゆる劇場でステージの幕が上がらない状況が何カ月も続きましたが、ようやく公演再開に向けて演劇界が動き出しています。松尾さんも新作の稽古が始まるとのこと。率直に今、どんなお気持ちでしょうか。

松尾スズキさん(以下、敬称略) 自粛期間中は感染者数に一喜一憂していたし、絶対にお客さんから感染者は出したくないので、今後も気を付けなくてはいけないところですけど、実際何をどこまで気を付ければいいものなのか。そういう先が見えない不安というのは、このまま自分に取りついた霊のようなものとして生きていかなきゃいけないだろうと思っています。諦めというか、「期待しない」という強さを身に付けないと、生きていけないなと。

―― 松尾さんが2020年7月にシアターコクーンのホームページで発表された「コロナの荒野を前にして」という文章で、「おのれの戒めとして、しょせん、なくてもさほど他人が困らない仕事をしている、という忸怩たる思いは常に胸の中にある。(中略)とはいえ、人間は、なくてもいいものを作らずに、そして、作ったものを享受せずにいられない生き物だとも私は思っている。」という言葉が印象に残りました。コロナ禍を経験して、こうしたご自身の仕事に対する意識に変化はありましたか?

松尾 本当に改めて、なくても社会は回っていく仕事だなと思い直したといいますか……。そこで襟を正すじゃないですけど、こういう大変な状況の中で居場所を見つけさせてもらう、みたいなことはすごく考えました。

松尾 たくさんの舞台公演が中止になって演劇に関わる多くの人が仕事を失う中、僕なんてまだいいほうで、芝居をやるとなったらこんなに人が集まってくれるし、やりたいことはこれまでにもだいぶやれてきました。でも例えば来年、演劇の道へ進もうとする人がいるんだろうか、今年始めようとしていた人はどんな気持ちでいるんだろうかということを考えると、すごくやりきれない気分になってしまって。自分は彼らを励まさないといけない立場なんじゃないか、と。

だからこういう取材の場にはスーツで来たりするんです。演劇に希望が持てるように、「演劇やっててもちゃんとできますよ」っていうことを示しておかないと(笑)。

注目記事
次のページ
常に2~3年先の公演を考える生活、初めて「止まれた」
今こそ始める学び特集