小5から受験勉強 スポーツ、習い事とも両立できる

日経DUAL

スポーツと中学受験勉強、両立の道は?(写真はイメージ=PIXTA)
スポーツと中学受験勉強、両立の道は?(写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

中学受験のために大手進学塾に通う場合、小学3年生の2月から3年間をかけて準備をするのが一般的になっています。しかし、小学校生活の約半分を受験勉強に費やすことに疑問を持つ人もいるかもしれません。本当に中学受験の勉強は3年間も必要なのでしょうか。小学5年生から2年間で中学受験の対策をしている神奈川県藤沢市の個人塾「Shonan FELIX」代表の米本喜彦さんに聞いてみました。

米本喜彦さん
Shonan FELIX 代表。生涯にわたって役に立つ「論理的思考力」を身につけることに重点を置いた学習塾。未就学児~中学生を対象にした「ロボット教室」と、小5~小6の2年間で志望校に合わせた受験指導を行う「中学受験クラス」がある。動画授業を導入し、習い事と両立を目指すなど、家庭のニーズに合わせた受験勉強のスタイルを提案する。NPO法人 日本コミュニケーションスキルアカデミーの提唱するP.C.S.(=プロフェッショナルコミュニケーションスキル)を取り入れ、親子バトルにならないような声のかけ方や子どもへの寄り添い方を伝えている。

団体スポーツと中学受験との両立は不可能ではない

「中学受験は気になるけれど、小学生時代はのびのびと過ごさせたい」「幼少期から続けている習い事を中断させたくない」といった理由から、中学受験をしない選択をする家庭もあるでしょう。小学3年生の終わりから塾通いする場合、4年生のうちは通塾が週2日程度なので習い事との両立は可能ですが、学年が上がるにつれて週3~5日になり、週末には各種テストが入ってきます。こうなってくると、習い事との両立は難しくなっていきます。

「大手進学塾のカリキュラム通りに受験勉強をしていくと、自然とそうなってしまいますね。しかし、中学受験の勉強は3年間もする必要はないと思っています」と話すのは「Shonan FELIX」代表の米本喜彦さんです。

スポーツと受験勉強の両立は、一見すると困難なように見えますが、米本さんは異を唱えます。「団体スポーツと中学受験との両立は不可能と思い込んでいる親御さんが少なくありません。高学年になると、塾の勉強が忙しくなっていくと同時に、団体スポーツでも試合数が増え、自分の都合で休むわけにいかなくなるからです。でも、私の塾に通う子どもたちの中には、受験直前まで野球やサッカーなどの団体スポーツをしている子もいます。野球は秋まで、サッカーは年明けの1月まで公式試合があります。むしろ『最後までやり切ろう!』と私は応援しています」

受験勉強を2年間で仕上げることは可能なのでしょうか?

低学年で、基本的な学力をつけておくこと

「ポイントを絞った受験勉強であれば、2年間でも仕上げられます」と米本さんは言います。

そこでまず大事になるのが、目標設定です。

「やるべきことだけやって、残りの時間は好きなことをする。その条件として大切なのが、5年生までの段階で志望校をある程度決めておくことです。志望校が決まっていれば、ここまではできていなければいけない、これ以上はやる必要はないなど、やるべきことを絞ることができるのです」

低学年の過ごし方もとても大事です。

「受験対策のために塾に通っていればそれで安心というわけではありません。特に短期集中で合格レベルにまで仕上げていくには、それ以前の学習が不可欠です。だからといって、たくさん勉強をする必要はありません。いわゆる『読み・書き・計算』にきちんと取り組み、基礎学力をつけておくことが必要です。受験勉強はこれらの基礎学力はすでについているという前提で進めていきますので、ここだけはおろそかにしないでください」

大手進学塾では中学受験に必要な単元を5年生でほぼ終わらせます。「では、6年生で何をするのかといえば、1年間かけて問題演習を繰り返しているのです。以前習ったことは忘れてしまうから、6年生でもう一度勉強をし直さなければいけないということなのです。だったら、5年生で勉強を始めて、一度習ったことを忘れないように集中的に勉強をするほうが効率はいいですよね」

スタートは5年生からであっても、中学受験で子どもが得られる力は一生ものになります。「10代の早い段階から、論理的に考えるといった『正しい勉強の仕方』を身につけることが中学受験勉強の最大のメリットだと思っています。ところが、大手進学塾のカリキュラムは量も多く、課題を終わらせることだけに子どもの目が向いてしまうため、じっくり腰を据えて考えることは難しいかもしれません。頑張っているわりには成績が伸び悩んでしまうケースがあるのです。それでは子どもは報われません」

米本さんはこう話します。「これは個人的な意見ですが、幼い時から勉強ばかりの環境だと、『勉強ができればえらい』『偏差値がすべて』と子どもが思い込んでしまうこともあるように感じます。しかし、もうすでにご承知のとおり、自分の好きなことに進む人生が幸せと考えられる時代になってきています。小学生はたくさん遊ぶのが自然だし、習い事など自分の好きなことをとことんやったほうがいいと思います」

注目記事
次のページ
近場の学校を志望するなら地元塾もチェック