あいみょん 数年前に書いた歌詞にやっと追いついたあいみょんインタビュー(上)

日経エンタテインメント!

あいみょんがニューアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』をリリース。ヒット曲を多数収録する今作だが、実は数年前に作ったストック作品がベースになったものが多いのだという。あいみょん流の楽曲制作術、そしてコロナ禍で心境にどんな変化があるのかを語ってくれた。2回に分けて掲載する。

1995年生まれ、兵庫県出身。音楽関係の仕事に就く父親の影響で、幼少の頃より音楽に触れて育つ。2016年11月にシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー。シングル『マリーゴールド』(18年8月)は、20年2月にストリーミング再生回数が2億回を突破(写真:中川容邦)

夏のまぶしい陽射しと懐かしい匂いがよみがえるような『マリーゴールド』(2018年)で、幅広い層から支持を集めたシンガーソングライターのあいみょん。その後も、映画『クレヨンしんちゃん』の主題歌『ハルノヒ』や、ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)主題歌で初のバラードシングルとなった『裸の心』など、話題作を多数手掛けている。

これらヒット曲を含む3rdアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』を9月9日に発売。心洗われるようなエバーグリーンなナンバーから、20代女性ならではの赤裸々な恋愛歌、パワフルかつ重厚なライフソングまで幅広い。文章の一節か、セリフのような印象を受けるユニークなタイトルは、前作『瞬間的シックスセンス』(19年)や、前々作『青春のエキサイトメント』(17年)に比べ、語感が柔らかくなった。どんな心境の変化の表れだろうか。

「今回も、『漢字+カタカナ』のタイトルを考えたんですが、いいのが浮かばなくて。ある日、携帯のメモ帳を見てたら、『おいしいパスタがあると聞いて』という言葉が残ってて、深い意味があるわけじゃないんですけど、今の私にすごくしっくりきたんです。ただこれまでとの共通点もあって、それは14文字ということ。この語感のリズムが昔から好きなんですよね。

アルバムを作ろうという話は、昨年秋くらいからしていました。ただ、ツアーもあったので、本格的に始めたのは1月頃から。ドラマ主題歌『裸の心』と同時進行で、早めに取り掛かったんです。その後、コロナで制作が止まった時期があったので、結局は6月末までかかってしまい、最後は猛ダッシュで完成させることになりましたが(笑)」

うららかな春を思わせる優しい『ハルノヒ』や、むき出しの言葉と切ない歌声が胸に迫る『裸の心』など、5曲のタイアップを含む本作。作品の世界観を受けてからタイアップ曲を書き下ろすアーティストも少なくないが、そうして作ったのは『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のテーマ曲『さよならの今日に』だけだという。それどころか、「2020年に作ったのは『さよならの今日に』だけで、ほかは数年前のストックから選びました」というから驚きだ。内面の成長や変化が特に著しい20代で、数年前の自分とギャップを感じないのだろうか。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
この時代、聴く人の力のほうがすごい
エンタメ!連載記事一覧