デジタル技術は利器か武器か 日経読書面今週の5冊2020年10月24日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

ツール・アンド・ウェポン B・スミス、C・A・ブラウン著

>>日経電子版で書評を読む 「もろ刃の剣のデジタル技術」

原題=TOOLS AND WEAPONS(斎藤栄一郎訳、プレジデント社・2500円) ▼著者のスミス氏は米マイクロソフト社の最高順法責任者。ブラウン氏は同社の広報担当シニアディレクター。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


海神(わだつみ)の島 池上永一著

人はなぜ憎しみあうのか(上・下) マーク・W・モフェット著

>>日経電子版で書評を読む 「動物の群れと人間社会 対比」

原題=THE HUMAN SWARM(小野木明恵訳、早川書房・各2300円) ▼著者は米スミソニアン自然史博物館研究員、ハーバード大客員研究員。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


歩く大阪・読む大阪 平田達治著

>>日経電子版で書評を読む 「渾身の都市論 歴史を追体験」

(鳥影社・2300円) ひらた・たつじ 34年生まれ。大阪大名誉教授。専門はドイツ・オーストリア文学、中欧都市文化論。著書に『輪舞の都ウィーン』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


人工知能のアーキテクトたち マーティン・フォード著

>>日経電子版で書評を読む 「技術の本質を牽引者に聞く」

原題=Architects of Intelligence(松尾豊監訳・水原文訳、オライリー・ジャパン・3200円) ▼著者はシリコンバレーを拠点に活動する企業家。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


>>日経電子版で書評を読む 「喜劇の中で沖縄問題を風刺」

(中央公論新社・1900円) いけがみ・えいいち 70年沖縄生まれ。17年『ヒストリア』で山田風太郎賞受賞。著書に『テンペスト』『黙示録』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介