今食べたの何カロリー? 自動で測る「腕時計」試した

摂取カロリーを自動計測してくれる活動量計「GoBe3」。本体カラーは、「ブラック・グレー」「バーガンディ・ブラック」「イエロー・ブラック」の3種類
摂取カロリーを自動計測してくれる活動量計「GoBe3」。本体カラーは、「ブラック・グレー」「バーガンディ・ブラック」「イエロー・ブラック」の3種類

日々進化する計測技術。人工知能(AI)の台頭もあり、測定したデータの解析精度はここ数年で大幅に向上した。こうした技術革新を背景とし、注目の機器が次々と登場している。今回は、その中から食事や体重管理に役立つ、独自の計測機能を持つ2製品を2回にわたって紹介する。

摂取した食事のカロリーを自動計測

今回紹介する製品は、米国のスタートアップHEALBE(ヒルビー)が開発した「GoBe3」という腕時計型の活動量計(スマートバンド)。10月から国内での一般販売が始まった。メーカー希望小売価格は2万9700円(税込み)だ。

一般に活動量計は、歩数や消費カロリー、睡眠時間に睡眠の質、心拍数などを計測し、健康管理に役立てるという製品。このGoBe3は、それらの基本的な計測機能に加えて、水分バランス、ストレスレベル、そして摂取カロリーまで自動計測できる機能を搭載した。特に最後の摂取カロリーの自動計測は、数ある活動量計の中でもGoBe3だけが備える独自の機能だ。

ダイエットに欠かせない食事管理。何を食べたのかという記録はもちろん、毎食のカロリー量まで計算している人も多いだろう。しかし、自分でカロリー量を調べるのは意外と大変だ。筆者自身、食事内容からおおよそのカロリー量を計算できるスマホアプリを使い、毎日の食事のカロリー量を記録したことがある。このときは3カ月ほど頑張って記録を続け、確かに体重も減った。だが、いつしか記録することをやめてしまい、体重も元に戻ってしまった経験がある。もし摂取カロリーを自動計測してくれるなら、これほどありがたいことはない。

なぜ食事内容を自ら登録しなくても、摂取カロリーを計測できるのか。メーカーによれば、食物を消化して栄養素を吸収する際、血糖値の上昇や細胞のグルコース吸収と、細胞内液の排出といった反応が起こる。GoBe3は、この細胞内液の排出レベルを計測できるセンサーと、特許を持つテクノロジーを組み合わせて摂取カロリーを算出するという。精度は高く、第三者機関による検証で89.6%正確という結果を得ているそうだ。

見た目は腕時計そのもの。背面にセンサーなどを搭載するためか、やや厚みがある
こちらが背面のセンサー部。肌に密着しないと読み取り精度が下がるためか、バンドでしっかり固定するように求められる
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
自動計測の実力は? 10日ほど試してみた
MONO TRENDY連載記事一覧