2020/11/5

【パッカブル科】

最近のジャケットは軽くてかさばらないものが多いが、さらにそれを発展させてコンパクトに畳めるパッカブル性能まで獲得したものも増えている。ほとんどがトラベルを意識して作られているため、多彩な機能を備えているのも魅力だ。

内側ポケットに収納できるクールなネイビーJK

MONTEDORO(モンテドーロ)

モンテドーロの機能重視ライン“アーバントラベラーシリーズ”から登場のスポーティなジャケット。従来パンツのみの展開だった機能性ファブリック“クールタッチ”を使用。伸縮性に優れてシワになりにくいこの生地の利点を生かし、右身頃裏の縦長のポケットに小さく畳んで収納できる。 7万円(コミュニオン)

コンパクトに畳めて専用ポーチでスマートに携帯

EDIFICE(エディフィス)

微光沢を帯びたクリーンなルックスのウィンドウペーン生地は、東レが新開発したポリエステルの伸縮素材“プライムフレックス”を使用。軽量でシワになりにくく、家庭洗濯も可能だ。ランドリーバッグとしても使える収納ポーチが付属し、出張時にはスマートに携帯できる。 2万8000円(エディフィス 新宿)

【オールウェザー科】

急な天候変化もこれさえ着ておけば安心。最近の素材進化は著しく、そんな全天候型ジャケットも増えてきた。スポーティなデザインが主流だが、中にはクラシックな見映えで雨風に強いものも。ジャケットは“ギア”であることを改めて実感!

サーモアの綿で真冬もコートいらず

ASPESI(アスペジ)

発色に優れるだけでなく撥水性も高い高密度ナイロンを表地に用い、中綿にはあらゆる環境に対応する断熱素材サーモアを充填。都市部なら、これがあれば真冬もコートなしで済むだろう。アスペジらしいシンプルベーシックな上品カジュアルテイストもあり、襟を立てた着こなしも似合う。 5万7000円(トヨダトレーディング プレスルーム)

カントリー調のデザインに高機能フランネルが合う

NEWYORKER(ニューヨーカー)

肘パッチ付きのカントリー調デザインに馴染むツィーディな生地はドラゴ社の“ラグビーフランネル”。撥水性が高く、自然なストレッチも備える最近人気の生地だ。SUPER130’sウールを使用するためもともとしなやかだが、今作ではシルクも混紡され、より滑らかな肌ざわり。機能派見えしない風合いが魅力。 7万9000円(ダイドーフォワード)

※表示価格は税抜きです。

撮影=黒沼 諭(aosora)、若林武志、岡田ナツ子、坂本正行、武蔵俊介、伏見早織 スタイリング=四方章敬 ヘアメイク=馬場拓也(SEPT) 構成・文=小曽根広光 文=吉田 巌(十万馬力) イラスト=ソリマチアキラ、林田秀一 撮影協力=バックグラウンドファクトリー、プロップスナウ

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年10月号の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram