N
女性
グッズ・サービス

2020/10/30

グッズ・サービス

1日1ページに新提案!ノート感覚で使える手帳

いろは出版が手掛ける「SUNNY SCHEDULE BOOK」は、「あなたの1年を晴れにする」というコンセプトから生まれた働く女性がオンもオフも楽しめるライフスタイルを提案する手帳シリーズです。2017年9月に登場してから、ウイークリーやマンスリーといったシリーズが年々発売されていましたが、今年は「デイリー」タイプが新登場しました。

写真左からスカイブルー・イエロー・マロンベージュ

バンド付きのPVC(ポリ塩化ビニール)カバーで、手なじみが良い素材が採用されています。名刺が入るポケットや2本のしおりがついているなど、機能性も高いのがポイントです。手帳本体が開かないように付属のゴムで留めて使いますが、ゴムの色もこだわりを感じます。例えばイエローの表紙のゴムカラーはダークグレー、マロンベージュの表紙のゴムカラーはペールグリーンというように、ワンポイントのトレンドカラーが採用されています。表紙のカラーはイエロー・コスモス・スカイブルー・マロンベージュ・ミディアムグレー・ホワイトシルバーの全6色。

マンスリーページ

まずはマンスリーページです。1マスの書き込むスペースが広く、マスの中心には点線が入っているので上下に分けて午前午後、仕事やプライベートというように予定を分けて記入できます。ページの左側の余白は方眼、下は無地の余白になっており、月ごとの目標や週間で発生したTODOなどをメモとして書き込むことができます。

インデックスページ

マンスリーページの次にはインデックスページ(上写真)が付いています。このページが他の手帳とは違う特徴の一つです。1日1ページ使える、フリーデイリーノート(下写真)には左右の下にページ番号が振ってあり、インデックスページはそのページに何の内容を書いたかという目次として使えます。目次に各ページに書いた内容をメモしておくことで、検索性が格段に向上します。

フリーデイリーノート

メインのフリーデイリーノートは他の1日1ページ手帳とは異なり、日付が入っていないため、毎日必ず1ページ書くということに縛られず使うことができます。ページの左側にはタイムラインが付いていており、朝4時から翌朝3時までの24 時間の予定を書き込むことができます。ケイ線は2ミリの方眼が採用されており、細かい図形や文字などを自由に書けます。左右の下にはページ番号が書かれており、この番号が先ほど紹介した「インデックスページ」にリンクしている構造になります。

1日1ページ手帳は日付に縛られないので、1年使っていくなかで気分が落ち込んだときや仕事が忙しいときなどは書かない日があってもいいし、書きたい出来事が満載なときは1日数ページ書いてもいい。書きたいタイミングで自由に書けるノート感覚で使える手帳です。

いろは出版「SUNNY SCHEDULE BOOK daily 2021」
サイズ:B6 135×193ミリ(カバー込み)
値段:3500円(税抜)
期間:2020年12月~2022年1月
フォーマット:マンスリー付きフリーデイリーノート
注目記事
次のページ
手帳も予定もコンパクトに!