コロナ時代の手帳選び オンとオフの予定を上手に管理今旬ときめきステーショナリー

コロナ時代におすすめの手帳3選
コロナ時代におすすめの手帳3選

文具店の手帳売り場には新作の手帳がずらりと並び始め「来年の手帳をどれにしようか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 2020年は新型コロナウイルスの影響で手帳の使い方も大きく変わった1年になりました。なかなか予定が立てられないことから、手帳を日記やログなどを記録するツールとして活用するケースが増えています。リモートワークや在宅ワークが増えたこともあり、仕事の細かい予定を書き込んで管理する手帳より、仕事とプライベートの両方を見渡すことができるような手帳のニーズも高まっています。今回はそんなコロナ禍に生まれた新しい生活様式に対応できる新作の手帳を紹介します。

新フォーマットでオンとオフの予定をまとめて管理

ロルバーンダイアリーでおなじみのデルフォニックスから、待望の新フォーマットが登場しました。月ごとに月間カレンダーと4つの予定が書き込めるログチャートの2つの方法で予定や記録を管理できます。仕事の予定だけではなく、体調管理や家族の予定など好きな項目を書き込めるので、在宅勤務が増えたコロナ時代におすすめの手帳です。

写真左からミント・クリーム・ブラック

まるでスコッチグレインレザーのように見える手なじみのよい表紙が人気の「キトリ」シリーズ。単色から大きな絵柄が書かれたものなど様々なバリエーションがありますが、こちらの表紙は「キトリ シュクル」というデザインです。光の粒のようにも見えるランダムな図形がちりばめられていて、少し個性を出した手帳を持ちたいときにおすすめのデザイン。カラーはミント・クリーム・ブラックの3色。

マンスリーページ

「ログチャート」の最大の特徴はマンスリーページです。見開きで左のページが月間の予定を書き込めるマンスリー、右のページが4つの予定が書き込めるログチャートというフォーマットが採用されています。1日1行4項目の予定を書くことができ、下に進むにつれて時間軸が経過するという新しいフォーマットです。

右ページには4つの予定やログを記入できる

1日の主な予定をマンスリーに書いて、細かい予定や記録をログチャートに書き込みます。例えば仕事の場合はプロジェクトごとのスケジュールや、在宅勤務と出社の予定を書き込むといった使い方ができます。プライベートの場合は体重や体温などの体調管理、ランニングの記録や家族の予定を書き込むといった使い方もできます。1列を1項目として書けるので、仕事の予定と個人の体調管理といったようにビジネスシーンからライフログまで幅広く活用できるのが特徴です。

マンスリーの次にはケイ線メモ

マンスリーの次のページにはケイ線メモが見開きでついており、マンスリーとケイ線メモが1年分交互に配置されています。ケイ線の幅は約5ミリの細めケイ線。マンスリーに書き込みきれなかった予定や、月のトピックなどのメモにも使えます。そして巻末には、自由に使える5ミリ方眼メモが10ページついています。マンスリーをベースに、仕事の予定だけではなく、プライベートな記録も管理したい方におすすめの一冊です。

デルフォニックス「B6マンスリーログチャート キトリ シュクル」
サイズ:B6 135×191ミリ
値段:1900円(税抜)
期間:2021年1月~2021年12月
フォーマット:マンスリー
注目記事
次のページ
1日1ページに新提案!ノート感覚で使える手帳
今こそ始める学び特集