chay 一目で恋に落ちたZEMAITISのアコギ

音楽活動を軸にマルチに活躍を続けるchayさん
音楽活動を軸にマルチに活躍を続けるchayさん

キュートなルックスと確かな表現力を備えるシンガーソングライターのchayさん。人気女性誌『CanCam』(小学館)では、「まい」名義でモデルとして活動する。この5月に結婚を発表し、公私ともに充実するchayさんは、12年のデビュー以来初となるベスト盤『Heart Box』をリリース。アルバムのアートワークにも登場するハートが印象的なZEMAITIS(ゼマイティス)のアコースティックギターは、「chayというアーティスト」を語るうえで決して外せない楽器だという。

私の代名詞になると一目ぼれしたギター

「このギターは、デビューが決まった21歳で入手しました。サウンドホールがハート形で、その周りもハートのシェルで飾られている。ポジションマークまでハートと、ハート尽くしです。

買ったのは、確かお茶の水の楽器店だったかな? とにかく、楽器屋さんをものすごく回りました。デビューにあたり、『chayと言えばこのギターだよね』といわれるような、アイコンになるギターを探し求めていたんです。でも、これを見たときは、もう一目ぼれ。他にはないギターだと思ったし、chayの代名詞になると確信しました。

ZEMAITISはアート性と高品質を兼ね備えたギターで、多くのミュージシャンが信頼を寄せるメーカー。このハートのギターも凝った作り、デザイン性の高さに心を奪われました」

ZEMAITISのアコースティックギター
ハート形になっているサウンドホール

「ZEMAITISはもともとエレキギターが有名なメーカーで、日本人のミュージシャンでこの会社のアコースティックギターを使っているのは、布袋寅泰さんやコブクロの小渕健太郎さんなど、わずかだと思います。その希少性もいいなと思いました。ただ、ボディーが大きくて重いので、背負って移動するのは結構大変でしたね。

ギターを弾き始めたのは19歳から。それ以前はピアノを習っていました。子供のころから歌手になりたくて、何度もオーディションを受けましたが、いいところまで行ってもだめで悔しい思いをたくさんしました。どの審査でも、異口同音に『イメージしていた歌声と違う』と言われ、当時はそれがコンプレックスで……。ですが、だんだんと『そんなに言われてしまうなら逆手に取ろう』と思って、個性として生かそうと考え方を変えたんです。自分らしさとして『意外性』を武器にするなら、一番意外な楽器を組み合わせようと思い、ギターに挑戦することにしました」

次のページ
結婚した今の気持ちを歌にしました
MONO TRENDY連載記事一覧