旅して免疫力を高める ウェルネスツーリズムのすすめ

ストレッチや深呼吸などを組み込んだ「星野リゾート 界 川治」の現代湯治体操
ストレッチや深呼吸などを組み込んだ「星野リゾート 界 川治」の現代湯治体操

新型コロナウイルス禍で、「ウェルネスツーリズム」に注目が集まっている。感染予防には3密回避はもちろん、免疫力や基礎体力のアップが欠かせない。旅先でなら、日常とはひと味違う気分も手伝って、そうした効果がより一層期待できるのでは、という理由からだ。運動や食事、ヨガや温泉などを組み合わせ、その効果を実感できるよう可視化するユニークな取り組みなど最新の事情を取材した。

従来のヘルスツーリズムには“効果が見えにくい”という課題や、医療事業者の企画が中心だったためエンターテイメント性に欠け、面白くない、といった難点があった。ウェルネスツーリズムはこうした課題解消を目指す新たな旅のスタイルという位置づけだ。静岡市内の竹屋旅館では「観光」と「健康」、「IT(情報技術)」をキーワードに、清水駅近くの「ホテルクエスト清水」を舞台に新たな取り組みを打ち出しており、中小企業庁の「異分野連携新事業分野開拓計画」にも認定されている。

ポイントは「可視化」「エンタメ性」「食の魅力(メディシェフ)」「Otono(場所連動型音声ガイド)」の4つ。モニターツアー体験では、まず手首に着ける活動量計や集中力計測メガネ(眼電位センサーなどで計測)を貸与して、スマートフォンのアプリと同期。効果を確認できるようにした点がこれまでにない試みで、実にユニークといえる。

場所連動型音声ガイドで歴史や伝説について聞きながら、羽衣の松・神の道を歩く

たとえば、水上バスにレンタサイクルを載せて対岸の三保半島の船着き場まで行き、Otonoの観光ガイドを聞きながらサイクリングをして世界文化遺産の構成資産、三保松原などを訪れる。ホテルでの食事は、糖尿病対策の健康食から発展した医食の専門家「メディシェフ」による駿河湾レシピだ。

駿河湾レシピのコースから甘鯛のソテー。植物の力を生かしたフィトケミカルソースで

地元・駿河の食材を中心にデザートまで入ったイタリアンのフルコースでも695kcalの低カロリーと低糖質を実現している。メインは魚と肉の2品に低糖質パスタまで出て、どれもおいしく、そのカロリーを聞いて驚く。

最後には、心拍数や消費カロリー、歩数などアクティビティの効果がレポートになって数値で実感できるのがうれしい。モニターツアー体験でノウハウを蓄積した上で、一般向けにプログラムとしての販売は2021年2月を予定している。

注目記事