子の学び支える学校図書館 現役司書が語る役割と本音

日経DUAL

学校図書館の役割とは? (写真はイメージ=PIXTA)
学校図書館の役割とは? (写真はイメージ=PIXTA)
日経DUAL

図書館は、ただ本を貸し出すだけの場所ではなく、子どもの学びをサポートするための大切な役割を担っています。なかでも、新学習指導要領に掲げられる「主体的・対話的で深い学び」の実現に、学校図書館の活用が期待されています。しかし私たち親は、その学校図書館の役割や内情をどこまで理解しているでしょうか。学校図書館で働く司書の役割や思い、先進的な取り組みをしている学校図書館やその他の図書館の紹介などを通じて、子どもの学びを深めるための図書館の存在について考えていきます。

今回は、公立小中高の学校図書館で学校司書として働く3人が、その役割や雇用面の課題などについて語ったリモート座談会の模様をお届けします。

【座談会の参加者】

横山寿美代さん
東京都杉並区立小学校司書。学校司書歴16年。任意団体 学校図書館プロジェクトSLiiiC代表。白百合女子大学非常勤講師。

衛藤北斗さん
東京都内区立中学校司書。学校司書歴5年。公立図書館、美術館内専門図書館などで勤務した経験も。

宮崎健太郎さん
埼玉県立高等学校司書。学校司書歴22年。「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本」の活動にも携わる。

日経DUAL編集部(以下、――) 学校図書館は本を貸してくれる場所という認識はありますが、そこで働く学校司書の役割はあまり知られていないように思います。小中高の順に、その役割から教えてください。

横山寿美代さん(以下、横山) 小学校には「図書の時間」があり、週に1時間、学校図書館で読書をしたり、司書から読み聞かせや本の紹介を聞いたりと、読書に関するいろんな活動をします。小学校の図書館は、子どもと本が親しむための入り口ですし、子どもによっては学校図書館が「初めての図書館」になるため責任重大です。

図書館の使い方、辞書や事典、図鑑などのレファレンスブックの使い方などのレクチャーもします。教科の授業の内容と関連付けたブックトークをするなど、子どもたちの勉強のためにいろいろな手助けをしています。

衛藤北斗さん(以下、衛藤) 年々、図書館や資料の使い方に慣れた生徒が増えているなと感じていますが、小学校の図書の時間のおかげですね。中学生になると部活や勉強が忙しくなって本から遠ざかると一般的に言われていますが、うちの学校は読書活動が盛んで、選書が追いつかないほど生徒たちからリクエストが寄せられています。

先生方への資料の提供も行っていますし、職場体験などの校外活動への支援もしています。また、レファレンス(調べものや資料探しの手伝い)を重要視しているのですが、中学生はシャイだったりもするので、積極的にこちらからも声かけをしています。

宮崎健太郎さん(以下、宮崎) 高校では、生徒が各自で課題を見つけて調査や分析を行う探究学習に向けて、個別のレファレンスに答えるような仕事も多くなります。中学校以上に進路活動や部活、アルバイトなどが忙しくなり、時間的な制約で読書から離れがちなので、それを食い止めるために展示にも力を入れています。

また、「場としての図書館」という言い方をしますが、自由にみんなが行けて集まって情報交換できる場づくりにも取り組んでいます。学校には、教室や部室以外の場所で人と人がつながる場所ってあまりないですからね。図書館はその機能も果たしています。

衛藤 「場としての図書館」というのは、小中学校も同じですよね。

横山 そうですね。ただ、小学校は中高に比べて縛りが多いです。

話しやすい大人として、生徒をサポートできる存在でありたい

横山 小学生は基本的に一斉下校なので、中高生ほど放課後が自由ではありません。学校によって休み時間の使い方も違っていまして、例えばうちの学校では中休み(午前中にある20分間などの長めの休み時間)は、雨の日でなければ図書館を利用できません。

衛藤 刺激的な言い方になってしまいますが、僕は学校内での異世界をつくりたいと思っています。

横山 異世界、ですか。

衛藤 公立図書館で働いていた時に、ある女子高校生が、こちらを何度も見ているけれど声をかけられない様子で、やっとのことで本をどう探せばよいのかレファレンスを求めてきたことがありました。「親権」についてでした。公立図書館で調べられるというのも社会的な環境として大切ですが、学校内にきちっと整備された図書館があれば、知りたいことをすぐに調べることもできます。また、先生とは違うポジションの、いつもそこにいる話しやすい大人として、学校司書が存在できればと思っています。ここは違うんだぞという異世界ではなく、さりげなくサポートできる存在でありたい。

宮崎 選択肢があるよ、と提示するってことですよね。似たような例で、毎年図書館内にLGBT(性的少数者)についてのコーナー展示を設けていますが、ある卒業生は「その展示があったことで3年間を乗り切れた」と話していました。授業でもLGBTについて取り上げられていますが、それに加えて資料が図書館にあることで、その生徒は存在を認められたと感じたのでしょう。

先生とは違うポジションで、生徒をサポートできる存在でありたい、と話す司書も(写真はイメージ=PIXTA)

―― 学校図書館にいつも司書がいるかどうかで、子どもたちの本との出合いや学びには格差が生まれるように思います。2014年の学校図書館法改正によって学校司書の配置が努力義務化され、配置は進むかに見えましたが、いまだフルタイム勤務は32%で、正規職員として募集しているのは4%というデータがあります(全日本教職員組合調べ)。皆さんの勤務状況や待遇について教えてください。

横山 今年度から制度が変わったため、私は昨年度までは非常勤職員でしたが、今年度からは会計年度任用職員になりました。私の勤務する杉並区は、雇用条件はよいほうです。週5日、子どもたちが学校にいる時間に働くことができます。昇給もあります。言っていて悲しくなりますが、昇給がある学校司書というのはあんまり聞いたことがないんですよね。私の場合は臨時休校期間中も事故欠勤という扱いで、普通に給料も出ていたので大変恵まれている状況だと思っています。

―― 公立小中学校の司書のなかには、学校を何校もかけもちする人がいると聞きました。

横山 杉並区は1校専任ですが、自治体によっては2~4校を兼任する司書がいたり、週に数日~数時間しか働けないところもあったりと、混在しています。学校司書は雇用面で厳しい状況に置かれていると言わざるを得ません。

衛藤 僕が働く区では、民間企業に図書館の運営を委託しています。僕は司書でありながらも企業の社員で、1年ごとの契約更新です。僕は1校専任ですが、学校によっては1校に2人が交代で勤務しているところもあります。区からの委託契約は3年なので、常に今後どうなるのかという不安はあります。それでも、勤務日が週1日とか2日とかいう自治体も多いので、学校司書としてはありがたい環境です。臨時休校時の自宅待機中も給与は8割補償されました。ただ、満足かと聞かれれば、思うところはありますね。

注目記事
次のページ
職員室に席があるか、職員会議に出られるか
今こそ始める学び特集