好きなMC さんま圧倒的1位、安住紳一郎アナが2位好きなMC ブレイクしたMC 2020

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

番組の顔として、重要な役割を果たしているMC。SNSの普及などにより、彼らの言動はますます注目されるようになった。そこで日経エンタテインメント!は「1番好きなMC」「この1年で最もブレイクしたと思うMC」について、全国1000人の男女を対象にアンケートを実施。「好きなMC」では明石家さんまがダントツの1位。TBSアナウンサーの安住紳一郎が女性からの高い支持で2位。3位タモリという結果となった。

MCとなると、同じテレビ番組でも、ニュース、情報・教養系、お笑い系、スタジオバラエティと内容は多岐にわたる。それぞれの番組に相応しい顔があり、アナウンサーやキャスター、芸人だけでなく、異業種の人も対象となってくる。話術のスキルや人物像など、番組の命運を握る彼らを、視聴者はどう見ているのか。

「好きなMC」は明石家さんまがダントツの1位だった。好きな理由は「キャラクターが好き」(70%)が最多で、「進行の仕方がうまい」(66%)が続く。世代・性別のカテゴリーでは、男性の全世代でトップだった。現在、レギュラー番組はテレビが4本、ラジオが1本。アンケートの自由意見では「いつも安心して見ていられる。どんな人が相手でも、うまく特徴をつかんで場を回している感じが見事」(40歳男性)、「新しいものに興味を持ち続けているのがすごいし、だからこそ面白くあり続けていると感じる」(42歳女性)といった称賛の声が寄せられた。若手芸人からベテラン女優、スポーツ選手にいたるまで、老若男女問わず、どんなジャンルの人物と絡んでも笑いを取れる司会ぶりと、バイタリティーあふれる姿で支持を集めているようだ。

数値は、その理由を選んだ割合(複数回答可)。「全体平均」は回答者全員(1000人)の平均値

2位はTBSアナウンサーの安住紳一郎。世代・性別では全世代の女性で1位だった。「進行の仕方がうまい」(91%)が最多理由で、「キャラクターが好き」も65%と高い。レギュラー番組はテレビが4本、ラジオが1本。このほか、数多くの特番の司会も務めている。昨年は、『水曜日のダウンタウン』の演出を務める藤井健太郎氏が手掛けた特番『安住紳一郎と2019年上半期のTBS』で、19年の上半期に起きた様々な出来事を独自の視点で振り返り、アナウンサーとしての能力の高さや、着眼点の鋭さが改めて注目された。「安住アナウンサーのような笑いのある司会者が好き」(54歳女性)といった声に代表されるように、穏やかかつ、ユーモアを交えた司会ぶりが、人気を押し上げている。

3位にランクインしたのはタモリ。好きな理由は「キャラクターが好き」(81%)が最も多かった。近年の動きでは、フジテレビの生放送特番『FNN報道スペシャル 平成の“大晦日” 令和につなぐテレビ』の総合司会を担当。多彩なゲストと共に平成の歴史を振り返り、令和への改元のカウントダウンを盛り上げたことが記憶に新しい。自由意見では、「タモリの司会進行は安定感があり、うまい。このクラスのMCがこれからも登場してくれたら」(48歳男性)と、理想のMCとして、後継者を求める声が挙がっている。

4位のマツコ・デラックスは、好きな理由のトップが「言動が好き、または共感が持てる」(83%)と、上位3人とは異なる理由から選ばれた。「素人さんの扱いがものすごく上手」(54歳男性)、「一般人の気持ちの代弁者で、共感することが多い」(50歳女性)と、『マツコの知らない世界』(TBS系)や『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などでの、一般人とのやり取りに魅力を感じている意見が寄せられた。

マツコと有吉には「共感」

そのマツコと、冠番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で共演している有吉弘行は5位に。好きな理由のトップもマツコと同じで、「言動が好き、または共感が持てる」(56%)だった。「有吉さんのMCは安定した面白さと新鮮さがある」(44歳男性)という声があるように、切り返しの早さと機転のきかせ方が武器で、同業者も舌を巻くほど。今年6月には『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で、千鳥のノブが具体例を挙げながら、有吉のツッコミ力を「天才すぎる」と紹介する場面もあった。

注目記事
次のページ
上田と後藤は「進行」に定評
今こそ始める学び特集