最前線クリニック院長が語る コロナ対策と診療の現場

日経Gooday

池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん。PCR検査を実施するクリニックは、コロナとの闘いにおける最前線の1つだ。
池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さん。PCR検査を実施するクリニックは、コロナとの闘いにおける最前線の1つだ。
日経Gooday(グッデイ)

コロナとの闘いは長期化を余儀なくされ、この感染症はある意味、私たちにとって身近な存在になりつつある。誰もがいつ感染してもおかしくない状況だからこそ、実際にコロナの診察や検査、そして治療がどのように行われるのかについて、ぜひ知っておきたい。呼吸器内科医で、『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)という著書を出した池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに解説していただこう。

PCR検査を実施するためクリニックを改装

呼吸器内科を専門とする大谷さんのクリニックは、東京・池袋の中心部にある。こうしたクリニックは、新型コロナウイルスに感染した疑いのある人と医師が最初に接点を持つ、いわば最前線の1つだ。というのも、厚生労働省や日本医師会は、熱やせき、息苦しさ、だるさ、などの症状があって新型コロナウイルス感染症が心配な人は、まずは普段受診している「かかりつけ医」に電話で相談するよう呼び掛けているからだ。また、かかりつけ医のクリニックでPCR検査が受けられるところも増えている。

「唾液のPCR検査が実施できるようになったのは、7月下旬以降です。そのために、機械を導入して陰圧スペースを作りました。ほかにも、受付をアクリルのガードで覆ったり、待合室ではソファを片づけ、椅子の間隔をあけたり、クリニックでは珍しい自動精算機も導入し、窓も1つ増設しました」(大谷さん)

大谷さんのクリニックでは、感染対策として、受付がアクリルのガードで覆われ、自動精算機も導入された
クリニックに作られた陰圧スペース。こちらでPCR検査の唾液検体が採取される

新型コロナウイルスがさまざまなものの表面でどれだけ感染力を保っているのかをテストすると、紙幣や金属では数日たっても感染力があることがわかる(参考記事「マスク表面には触らない! 新型コロナ7日後も感染力」)。そのため、自動精算機は接触感染の予防になると考えらえる。

かつて、PCR検査を受けるための目安が「37.5℃以上の熱が4日以上続いた場合」といわれていたのは、検査できる数が限られていたためでもあった。現在は、東京都だけで1日に数千件の検査が実施できる。それは、民間の検査会社が活用できることと、クリニックでPCR検査の唾液検体を採取できるようになったこと、そして検査に対して保険が適用されるようになったことが大きい。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
PCR検査を行うときの判断基準は?
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント