powered by 大人のレストランガイド

「缶入り」生酒で海外でもファン開拓 新潟・菊水酒造世界で急増!日本酒LOVE(26)

菊水のロゴ入り着ぐるみを着ている菊水酒造の高澤社長(中央)
菊水のロゴ入り着ぐるみを着ている菊水酒造の高澤社長(中央)

世界23カ国・地域に日本酒を輸出している創業130年超の菊水酒造(新潟県新発田市)と言えば、スーパーやコンビニなどで売られている缶入りの生酒「ふなぐち菊水一番しぼり」(以下、ふなぐち)が有名だ。火入れ(加熱処理)をしていない生酒はデリケートで扱いが難しく、元来、蔵への来訪者だけが味わえる貴重な酒だった。

しかし1972年、生酒でもおいしく味わえる特殊なアルミ缶(容量200ミリリットル)を独自開発したことで、累計販売3億本を突破するヒット商品に育った。キャンプなど屋外飲みに適した酒として人気だったが、今年はコロナ禍で家飲みニーズも拡大。飲みきりサイズのカジュアルな酒としても脚光を浴び、販売額は今年5月のPOSデータで前年比129%を記録した週もあるほど。今や国内だけでなく米国など海外でもファンが増えている。

菊水酒造の社長 高澤大介氏は、「お客様を緊張させるようでは困る。誰でも気軽に楽しめるカジュアルな日本酒が大事だと思っています」と話す。この考え方は海外展開でも一貫しており、同社は缶入り「ふなぐち」200ミリリットルの英字パッケージのものを各国に輸出している。

米国で人気の「ふなぐち」(8ドル/約840円)とにごり酒の「PERFECT SNOW」(20ドル/約2100円)

海外輸出は現在、同社の売上全体の約15%を占める。最大の輸出先は米国で、1995年から本格的に海外進出をスタート。2010年には米国に現地法人を設立した。現地採用の社員も交え、マーケティング活動に本腰を入れ始めてから業績は一段と伸びるようになった。

当時はまだ日本酒が十分認知されていない時代。「原材料は?」「ワインとどこが違うの?」…。そうした初歩的な質問にイチから丁寧に答える必要があった。派手なイベントよりも、レストランを1軒ずつ訪問して回るのが先だった。「ニューヨーク出張というとおしゃれなイメージを抱く人もいるかもしれませんが、酒の入った段ボール箱をマンハッタン中、汗水流して持ち歩き、地道に営業する日々でした」と高澤氏は振り返る。

はるばる日本からやってきた蔵元の5代目として、地元・新潟のテロワール(気候や風土など)を説明、酒造りでのこだわりなど丁寧な説明を重ねた。「ドラマで“刑事(デカ)は現場100回”とか言いますが、我々は“レストラン100回”。レストランのオーナーが日本人なら話が早いのですが、外国人がオーナーだと日本酒の魅力を理解してもらうまで何度でも訪問します」(高澤氏)。中でも「なぜ缶入りなのか?」を説明する時は一苦労だった、と明かす。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド