配信トークイベント いとおしい後輩たち(井上芳雄)第79回

井上芳雄です。10月5日に『井上芳雄 The Amazing3』と題した配信トークイベントを開催しました。第1部は海宝直人君と相葉裕樹君、第2部は田代万里生君と平方元基君を迎えて、それぞれ1時間ほどのトークを繰り広げました。ミュージカル俳優なのに歌はなくてトークだけというのが今回のチャレンジ。ポジティブなエネルギーでトークを盛り上げてくれた後輩たちが、いとおしく思えた時間でした。

10月5日の配信トークイベント『井上芳雄 The Amazing3』の第1部(17時開演)に出演した(左から)海宝直人、井上芳雄、相葉裕樹

このトークイベントは、僕のラジオ番組『井上芳雄 by MYSELF』(TBSラジオ)から派生したもの。コロナ禍で番組にゲストを呼べなくなってトークができないので、だったらミュージカル俳優でトークだけの配信番組をやってみてはどうでしょうかという提案が、ディレクターの秋山瞬さんからありました。ミュージカル俳優の配信イベントは、トークをして数曲歌うというパターンがほとんど。トークだけはチャレンジングですが、逆に面白いかもと思い、不安がありつつも挑んでみました。

そうなるとキャスティングが重要。ゲスト2人と僕という組み合わせが前提だったので、第1部(17時開演)はあまりしゃべったことがなくて、どうなるか予想がつかない2人をゲストに呼んで、第2部(19時開演)はしゃべり慣れているというか、おなじみのメンバーにするのはどうかと考えてオファーしたら、4人とも快諾してくれました。

第1部の海宝君と相葉君は、今どんどん経験を積んでいる新進気鋭の若手。そんな業界の仲間がどういう気持ちで、どんなことを考えているのか知りたいという興味がありました。でも、僕は稽古場でも初めての人にがんがん話しかけていくほうではないし、いきなり話が盛り上がるかどうか不安で、緊張して当日を迎えました。結果は2人とも協力的で、とてもやりやすかったです。

海宝君とはちゃんとしゃべったことがなかったのですが、丁寧な受け答えで、終始にこやかに対応してくれたのがうれしかったですね。「先生と呼ばれがち」と言ってましたが、本当にそんな感じ。小さいころからミュージカルが大好きで、子役から舞台を経験しています。ミュージカルに囲まれて育ったという点では、僕もそう思っていたのですが、もっと上をいってる感じで、すごいなと。稽古場で緊張するという話や海外の演出家デヴィッド・ルヴォーがかけてくれるすてきな言葉の話は、僕も同じ経験をしているので共感できました。オーディションを受けて役を勝ち取ってもいるので、きっとガッツがあるし、野心も秘めているのでしょうが、トークでそこまで切り込めなかったのは、MCとしての力不足だと後で反省しました。どこまで突っ込んでいいか、まだ距離感がよく分からなかったので多少の遠慮があったかもしれません。次に話すときは、もっとがんがんいけると思います(笑)。

相葉君は、同じ事務所の後輩なので話したことはありましたが、やはりちゃんとしゃべるのは初めて。「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」をきっかけに芸能界入りして、ミュージカル『テニスの王子様』で本格的に俳優を始めたそうです。近年ブームの2.5次元ミュージカルは僕も関心があるので、お客さまがキャラクターに忠実であることを求めるから大劇場でのミュージカルとは頑張り方がまた違うといった話は面白かった。僕が唯一知っていた、彼にまつわる事務所内でのネタを話したのをきっかけに、「自分はネガティブに考えがちなんです」という発言が出てきたので、ああ、実はそういうキャラクターなんだと。イケメンなイメージとのギャップが意外でした。MCの立場からすると、キャラクターがはっきりすると、そこを押したり引っぱったりすればいいから、すごくありがたいんです。それから、知らなかった彼の一面がどんどんトークで出てきて、楽しかったですね。

そんなふうに第1部は手探りしながらのトークでしたが、第2部はおなじみというか、『エリザベート』などで共演していて、僕のコンサートには毎回ゲストで出てくれている万里生君がいたので、ガラッと違う雰囲気でした。彼と平方君は同じ事務所で顔見知り。2人とも準備万全というか、いきなりテンションが高くて圧倒されました。

注目記事
次のページ
本当はお互いをもっと知りたいけどシャイ
今こそ始める学び特集