伸びる素材で体を包む 着心地のいいシャツ4選

LEON

2020/10/26
LEON

昨今、コンフォートなジャケットが人気です。しかし、とどのつまりカラダに最も近いシャツこそコンフォートでなければ、意味がありません。安心してください、今コンフォートな着心地のシャツは沢山あるんです。




もはや快適性がマスト事項なシャツ事情

ジャケットにおいては、かねてよりコンフォートを追求したものが充実してきました。シャツにおいても鹿の子やジャージー素材を使ったものは今までにもありましたが、ここにきてコンフォート性をより強めたシャツのリリースが相次いでいます。

どのくらいコンフォートかというと、例えば快適過ぎるシャツと評判のイタリア発トライアーノの一枚では、ストレッチ素材のポリウレタンを16%も使用。一般的なストレッチデニムでは1~2%程度なので、いかに伸びるかがお分かりになるかと。なにせ、同ブランドはスポーツウエア素材開発が出自ですからね。

また、シャツ専業ブランドにおいても、高ストレッチ素材や吸汗速乾素材などを積極採用した一枚を主力として展開中。テクニカル素材は、カジュアルシャツではもちろん、もはやドレスシャツにおいても欠かせない存在となっているんです。

【バグッタ】クラシックスーツとも違和感ない快適ドレスシャツ

▲ 2万9000円/バグッタ(トレメッツォ)

トレンド性の高い提案を毎シーズン行う、イタリア発のバグッタ。コンフォートなアイテムにも力を入れており、こちらの一枚では全方向ストレッチに加え、抗シワ性、高通気性も備えています。また、カッタウェイカラーが美しい開きを見せていますが、台襟は柔らかく仕上げられています。一方で背ダーツを入れ、シルエットの余分なユルみを払拭。ジャケットを脱いでもきちんとビジネス然として見せられます。

【トライアーノ】伸びるシャツといえば、今話題はココでしょう

▲ 2万6000円/トライアーノ(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

スポーツウエア用の素材開発で培った技術を生かした、まさしくスポーツウエア並みの快適さを誇るシャツを展開。高ストレッチ、ノンアイロン、抗シワ、高通気、そして高精度の転写プリントによる繊細な表現と、オンオフ問わず一度着たらヤミツキ確実と評判です。ドレスアイテムを主力とする同ブランドですが、こんな遊び心あるアニマルプリントにも注目。普段使いはもちろん、旅先での着替え用としてもオススメです。

注目記事
今こそ始める学び特集