25万トンの巨岩が落下 12億年前の数秒間を解明

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

スコットランド北西部にあるクラッチトールの海岸の断崖の航空写真。右の建物の手前にある小さな浜辺の横の丘は、はるかな昔に崖から落ちた巨岩であることが明らかになった(PHOTOGRAPH BY IAIN MASTERTON, ALAMY STOCK PHOTO)

英国スコットランドの海辺に、重さ約25万トン、長さ100メートルの巨大な岩が横たわっている。これはただの巨岩ではない。はるか昔、今から12億年前にこの場所に落ちてきた、「陸上で最古の落石」なのだ。

当時英ダラム大学の修士課程に在籍していたザカリー・キリングバック氏は、巨岩が落下した数秒間の出来事をつまびらかにしたいと考えた。

地球が冷えて岩石が形成されるようになって以来、無数の岩が崖から落ちてきたが、地質記録の中では古代の落石はほとんど見つかっていない。スコットランドのこの巨岩は、現代の大陸が形作られるより前、地上に動物が出現し、植物が大地に根をはるよりも前の時代に地球上で起きていたことを示してくれる。

2020年9月に地質学の専門誌「Geology」に発表された論文によると、この巨岩は15メートルほどの高さからぬかるんだ堆積物の中に落ち、その衝撃で割れて、割れ目に泥が入り込んだという。岩が落ちた崖は浸食により失われ、落下した岩だけが残っている。

「注意深くアプローチすれば、たった1つの岩石から驚くほど詳細な事実を明らかにできることを示す研究です」と、米ネブラスカ大学リンカーン校の構造地質学者で、今回の研究には参加していないカーラ・バーベリー氏は称賛する。「じつに美しい論文です」

地質学のディズニーランド

スコットランド北西部の海岸は一見の価値がある。ターコイズブルー(緑がかった青色)の海が海岸を洗い、岩が切れ込んだ奥には小さな砂浜がある。この地のなだらかな地形には、超大陸が形成されては分裂し、川や湖が流れたり消えたりした数十億年の地史が記録されている。

「英国人にとっては、地質学のディズニーランドのような場所です」と、香港大学の地質学者アレックス・ウェッブ氏は言う。氏は今回の研究に参加していない。

古代の地形が見られるこの地を科学者たちは昔からよく訪れていて、今では学部生の野外実習の人気スポットになっている。今回の論文の共著者であるダラム大学の構造地質学者ボブ・ホールズワース氏は、「コロナの流行がなかったら、私は今頃、このあたりの露頭にいたでしょう」と言う。

ホールズワース氏らは、野外実習でここを訪れていたときに、クラッチトール村の近くの巨岩に奇妙な点があることに気づいた。一帯の岩は、ルイーシアン片麻岩(へんまがん)と呼ばれる30億年も前の岩石で、形成時に巨大な圧力を受けた結果、鉱物が何層も積み重なった構造をもつ。この層状の構造は、周辺のほとんどの岩では同じ向きに傾いているのに対し、その巨岩だけは90度回転していたのだ。

ホールズワース氏らは、回転した層や岩の奇妙な割れ方は、この巨岩が突然落下した結果ではないかと考えたが、それを証明するためにはより多くのデータが必要だった。そこでキリングバック氏は、この問題を修士論文のテーマにすることにした。

注目記事
次のページ
手掛かりを集める
今こそ始める学び特集