「忠実な運用者」から「仕組みづくりができる人」へのキャリアチェンジ

昭和の高度成長期に始まった工業化社会の時代は、結果として、終身雇用や年功序列、そしてメンバーシップ型の雇用慣行を日本に深く根付かせました。それが1980年代までの日本の成長を支えたことは事実です。

しかし、バブル崩壊以降のいわゆる「失われた20年」、そしてリーマン・ショック以降、世界の中での存在感をより失った10年の合計30年間には、そうした雇用慣行が大きなブレーキとなってきました。メンバーシップ型雇用の下で、総合職として採用され、職種や勤務地も会社都合に左右されることが当たり前だったため、個人の自由意志でジョブ型のキャリア形成をしていくことも不可能でした。

その時代に求められたのは、完成された組織における「忠実な運用担当者」でした。今も多くの業界でその名残はありますが、定型的な業務に小さな工夫を加えて運用していく仕事は、徐々に付加価値が下がり、業務の時間当たり単価は低下しています。

あわせて、次第に正規雇用から派遣や業務委託、アルバイトなどの非正規労働の職域に転換しています。アウトソーシングという形で社内業務でなくなっていくものもまだまだ増えるはずです。

これからの時代は、完成されたビジネスモデルを粛々と運用していく「運用する人」の時代ではなく、絶えずPDCA(Plan・計画→Do・実行→Check・評価→Action・改善)を回し、新たなビジネスモデルを試行錯誤しながらつくり上げていくという「仕組みをつくる人」が求められる時代になります。

次のページ
「頼れる、手が動く、必要とされる」 人材の新条件と
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら