おうち時間で「宅バテ髪」 3万円ドライヤーに救い大河原克行のデータで見るファクト

パナソニックの高機能ヘアドライヤー「ナノケア」シリーズの最新モデル「ナノケアEH-NA0E」
パナソニックの高機能ヘアドライヤー「ナノケア」シリーズの最新モデル「ナノケアEH-NA0E」

高機能ヘアドライヤーの売れ行きが好調だ。

なかでも高機能ヘアドライヤーのリーダー的商品である、パナソニックの「ナノケア」シリーズは、コロナ禍の半年間で約50万台を出荷する人気ぶり。2020年9月には国内累計販売台数が1300万台に達した。

最新モデルとして、10月1日に発売された「ナノケアEH-NA0E」も実売3万円前後と決して安くはないものの、従来モデル比164%という売れ行きをみせている。独自技術で発生させる微粒子「ナノイー」に含まれる水分の量を従来の18倍に増やした「高浸透ナノイー」を放出するデバイスを搭載。髪に与えるうるおいは1.9倍となった。「ツヤやうるおい感を実感したとの声や、ヘアカラーの退色抑制効果への期待から購入する声のほか、髪を乾かすのが楽しくなりそうといった声が出ている」(パナソニック)

高機能ヘアドライヤーが人気を集めている背景には、「おうち時間」の増加がある。例年は、夏場の強い日差しでダメージを受けた「夏バテ髪」の改善に高機能ヘアドライヤーが有効とされる。だが今年は外出自粛などの動きもあり、夏バテ髪の人こそ減ったが、一方でおうち時間の増加によって発生する「宅バテ髪」の改善が課題になっているというから興味深い。

専門家からは、「夏バテ髪よりも、宅バテ髪の影響のほうが深刻」との指摘もある。パナソニックが20~40代の女性586人を対象に8月に実施した調査では、実に84.2%が「コロナ流行前に比べて、髪質が悪化した」と回答した。また、現在の髪の状態を自己採点した結果は、平均で63.6点(100点満点)となっており、いわゆる「宅バテ髪」に悩んでいる人が多いことがわかる。

ストレスや運動不足が「宅バテ髪」招く

では、宅バテ髪の原因はなんだろうか。

毛髪診断士の美香さんは、新型コロナウイルスの影響による環境変化を背景にした精神的ストレスの増加や外出制限による運動量の低下に加えて、美容室の利用頻度が低下したことも原因になっていると指摘する。「ストレスや運動不足で頭皮の血行が悪化し、新生毛が栄養不足になることが宅バテ髪の原因の一つです」

「夏バテ髪は紫外線によるダメージが目立ちますが、宅バテ髪では髪のぱさつきやうねり、抜け毛や白髪といったことが多くみられます」と美香さん。これは精神的ストレスや運動不足が影響している部分だ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
「使えば使うほど髪が元気」
MONO TRENDY連載記事一覧