powered by 大人のレストランガイド

屋内でも秋を満喫 アウトドアカフェでストレス解消

屋内でも緑いっぱいのアウトドア気分に浸れるカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」
屋内でも緑いっぱいのアウトドア気分に浸れるカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO」

新型コロナウイルス感染症対策の影響で、人が密集する飲食店での食事や旅行を避けたりする人が依然多い中、最近注目を集めているのが、屋内ながらアウトドア感覚を楽しめるカフェだ。アウトドア用品に囲まれながらキャンプ飯が味わえるカフェは、旅行するのは難しいという人でも、気軽にアウトドア気分が楽しめる。特に男性客やファミリー層に人気だ。今回は感染症対策をしながら、秋ならではのメニューやサービスを提供している都内の屋内型アウトドアカフェを紹介する。これからの秋の行楽シーズン、遠出をしなくても都心でアウトドアが楽しめる貴重な場だ。

まずは、東京・茅場町に今年6月にオープンした屋内カフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO(リワイルド アウトドア トーキョー)」。コンセプトは「都会のカフェでアウトドア体験を」。同店を運営する信光オールウェイズは、2017年にアウトドア事業部を設立。すでに千葉県内に2つの本格的なキャンプ場を運営しているが、都会でより気軽にアウトドアが楽しめる場所を提供したいと、同店の開業に至った。

ビルの1階にあるカフェながら、1歩足を踏み入れると店内には緑が広がり、開放的なアウトドア気分が満喫できる。「内装は森をイメージしています。天井から垂れたグリーンと、不規則な向きに設置された照明で木漏れ日のようなやわらかい光を表現しました。地面は毛足4センチのフカフカとした人工芝を敷き詰めています」と店長の根石聖美さん。

店内の椅子はすべてゆったりと座れるアウトドアチェアだ。店の正面は一面大きなガラス戸になっており、天候が悪い日以外は常に開放しているため、屋内でも空気がこもる心配はないという。

「トップオブザベーコン」(1190円・税別)は、厚切りの北海道産バルナバハムを使用した人気のスモークメニュー

同店の目玉の一つが体験メニュー。店内に設置された焼き台のたき火でマシュマロやフォカッチャを焼いたり、ガスバーナーやコンロを自分で操作したり、料理の仕上げをするといったキャンプの疑似体験ができる。中でも人気なのが、自分で作るスモーク調理メニュー。バーナーコンロに火をつけてダッチオーブンを加熱し、スモーカーを使って食材に薫製香をまとわせて楽しむメニューだ。

揺れる煙、香ばしい香り、食材が焼ける音が重なり、まさに五感で楽しめる体験型メニューで、写真を撮る客も多い。ちなみにガラス戸を開放し、店内換気も十分にしているため、煙で店内が充満することはないようだ。同店では9月から始めた新しい体験メニュー「ジャンバラヤ」が早くも話題。ケイジャンスパイスの効いたピリ辛な味付けなので、寒い季節でも体を温めてくれそうだ。

秋の新メニュー「ジャンバラヤ」(左:690円・税別)。すべての料理の注文はQRコードを読み取るセルフオーダー式を採用

メニューを注文する際はQRコードをスマホで読み取り、スマホに表示されたメニュー表から選ぶセルフオーダー式。「非接触で注文できるスタイルなので安心です。また、会計はクレジットカードや電子マネーなどで支払う完全キャッシュレスで、現金授受で店員と触れることもありません」と根石さん。同時に、接客が味気ない感じにはならないように、バーナーなどの使い方を店員が客にレクチャーする際にはコミュニケーションを取り、バランスを工夫しているという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド