powered by 大人のレストランガイド

本当に焼肉店? 飯盒にアユの串焼き「焼肉キャンプ」

「焼肉キャンプ」名物の「キャンプ de 飯盒ご飯」。生米と水を入れた飯ごうがベルトコンベアでテーブルに運ばれる。ふつふつとご飯が炊き上がる音とにおいで、キャンプ気分が一気に盛り上がる
「焼肉キャンプ」名物の「キャンプ de 飯盒ご飯」。生米と水を入れた飯ごうがベルトコンベアでテーブルに運ばれる。ふつふつとご飯が炊き上がる音とにおいで、キャンプ気分が一気に盛り上がる

「焼肉キャンプ」という変な名前の店がある。カテゴリー的にはファミリー向け焼肉店なのだが、「キャンプ」をテーマに内装から料理まで、アウトドアスタイルを導入し、焼肉店とは思えない面白さを発揮しているのだ。

店舗は、現在2店。東京都小平市の東大和店と、同板橋区の板橋高島平店。板橋高島平店に行ってみた。

「焼肉キャンプ」高島平店。ウェブ予約などでコントロールしているので行列はないが、店内は満席

入り口で、まず面食らう。土曜日の夕方とはいえ、17時ですでにド満席。家族客が数組待っている。午前11時開店、途中に休みを作らない通し営業で、近くに住む人たちは早く行かないと、待たなくてはならないと分かっているのだろう。それがまた「人気店」のブランドを醸し出す。行列が行列を呼ぶ。時代を超えて通用する繁盛店の法則だ

入店時は、受付マシンでチェックイン。その場で発券するのは当然だが、ウエブ予約も可能。配膳・下膳ロボットも導入しており、外食ITをフル活用している。人との接触を減らすウィズコロナ時代への対応も完璧だ。

店内は、焼肉店らしからぬ雰囲気。迎えてくれる女性スタッフのユニホームは、アウトドア風のキャップにチェックのシャツ。ファミレスだったらこんな制服ありえない。そして、目の前に広がるのは、キャンプそのものの席。中央に焼き台はあるものの、客席はキャンプ用品で有名なブランド、コールマンのチェアーが並び、屋内ながらアウトドアの雰囲気を醸し出す。こうしたエリアは店全体の4分の1程度。長年外食を見てきたが、記憶がない作りだ。

それ以外のエリアは、普通のファミレスっぽい作りだが、実際に注文しようとタッチパネルを操作すると、焼肉店とは思えない料理が並んでいる。

「なんだこりゃ」と最初に思ったのが、「キャンプの宝箱」(990円、以下税別)。簡単にいうと、5種類の焼き肉の盛り合わせなのだが、浦島太郎ばりの木箱に入っている。しかも、注文して分かったのが、箱を開けると中に入っているドライアイスが反応し、白いスモークが卓上を覆うという仕組みだ。ネタか、と突っ込みたくなる。

しかもなぜか、アユがある。「暴れ川の鮎塩焼き」(490円)という商品だ。もちろん焼肉店にもシーフードはあるが、網で焼くことを前提にしたイカ系かサーモン系が定番。ここは生のアユを1匹まるごと長い串に刺し、それを焼き肉ロースターの上にかざして焼くという趣向だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド