新Apple Watch 健康推しでiPhoneユーザー狙う

日経クロストレンド

右手前が「Apple Watch Series 6」、左奥が「Apple Watch SE」。ケースサイズはともに44ミリ
右手前が「Apple Watch Series 6」、左奥が「Apple Watch SE」。ケースサイズはともに44ミリ
日経クロストレンド

米アップルは9月18日、「Apple Watch(アップルウオッチ) Series 6」と「Apple Watch SE」の2機種を発売した。注目は最新の基本ソフト「watchOS 7」を搭載し、フィットネスやヘルスケアのアプリを強化した点。コロナウイルス禍で健康への関心が高まる中、新Apple Watchはその存在感を高めつつある。

最新チップで動作が機敏になった「Series 6」

新型コロナウイルス感染症の影響が拡大し始めてから、テレワーク環境を整えるためにノートPCやタブレット、ワイヤレスヘッドホンなどIT(情報技術)家電の売り上げが伸びている。また自宅にこもる時間が長くなったことから、健康状態を自身で管理・維持するためにフィットネス・ヘルスケア関連のデバイスにも人々の関心が向きつつある。

そうした中、登場した2種類の新型Apple Watch。メインストリームはもちろん上位モデルの「Apple Watch Series 6」(税別4万2800円から)だ。しかし、それより1万3000円ほど安い税別2万9800円から購入できる「Apple Watch SE」をアップルが投入してきた背景には、世界的に高まるフィットネス・ヘルスケアデバイスへの期待に応える狙いがあるのだろう。

そうした状況を踏まえつつ、まずは2019年モデルのSeries 5と比べて、Series 6がどのように進化したのかポイントを整理していこう。

Series 6は前機種Series 5のデザインを継承しつつ、アルミニウムのケースにはブルーとレッドを新色として加えた。ケースのサイズは全てのモデルに44ミリ/40ミリがある

Series 6にはアップルが独自に開発したSiP(システム化されたICチップ)の最新世代「S6」が搭載されている。S5チップを搭載するSeries 5と比べてアプリやアップルのAIアシスタント「Siri(シリ)」の起動が速くなった。

Siriを呼び出したときの反応がSeries 5よりも良くなっている

S6チップは、S5チップに比べて駆動時に消費する電力が効率化されている。例えば文字盤がスリープ状態にならない「常時表示Retinaディスプレイ」。Series 5は手首を下げているときに少し画面が暗くなるが、Series 6は明るいままだ。しかも連続駆動時間はSeries 5と同じ、約18時間と変わらない。

実機で試してみると、特に明るい環境で常時オンディスプレーの視認性がぐんと上がっていた。文字盤の細かな時・分の表示も見やすい。

晴天の屋外環境でディスプレーの明るさ設定をそろえて、手首を下げて少し暗くなった状態の表示を比較する。ともに常時表示Retinaディスプレイを搭載するモデルだが、左のSeries 5が明るい場所で見えづらいのに対し、Series 6は針が指す位置がよく分かる

最新S6チップの搭載によって、内蔵バッテリーを残量ゼロの状態から100%までフル充電するのにかかる時間も、Series 5から1時間ほど短縮され、約1.5時間になった。体感的にも充電スピードはかなり速くなっている。watchOS 7に「睡眠」アプリが加わり、恐らくApple Watchを夜中も装着したまま眠る機会が増えるだろう。そうなるとベッドに入る前や起床後に、デバイスの充電にかかる時間が短くなるのはとてもありがたい。また、在宅勤務中に急きょ外出を伴う要件が舞い込んできても、出かける前にチャージすればSeries 5よりも速く、より多くのバッテリー残量が回復できる。

睡眠アプリを活用するためにはApple Watchを夜中も身に着けなければならない。前後の時間に充電が手早く済むのであればSeries 6を選ぶ価値が十分にある

新機能の「血中酸素ウェルネスアプリ」

Series 6には新たに「血中酸素ウェルネスアプリ」が搭載された。血中に取り込まれている酸素のレベルをApple Watchの専用センサーで手軽に計測できる機能だ。

アプリ化されている機能を立ち上げ、約15秒間手首をテーブルの上などに静かに置いて測定すると、画面に酸素レベルがパーセンテージで表示される。計測は任意のタイミングで行えるし、バックグラウンドで自動計測されたデータがiPhoneの「ヘルスケア」アプリに蓄積される。グラフ化されたデータは日・週・月・年単位でまとめて見られる。

新機能の「血中酸素ウェルネスアプリ」。任意のタイミングで血中酸素濃度が計測できる他、バックグラウンドでも自動計測が行われる

このアプリを使いこなすと、例えば日々のトレーニングの成果を振り返ってみる他、酸素の少ない高山で楽しむ登山やスキー、スノーボードなど、スポーツシーンにユーザーの体がどれほど適応できているか、目安を知ることが可能になる。それでも元がやや専門的なデータなので、将来はヘルスケアアプリのデータと連携する、ウエルネスやフィットネスのためのユニークなアプリを作ってもらいたい。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
SEとSeries 6はどこが違うのか
MONO TRENDY連載記事一覧