音質よく手ごろ 専門家が選ぶワイヤレススピーカー10

価格も手ごろで小型、高音質のスピーカーが数多く販売されている。
価格も手ごろで小型、高音質のスピーカーが数多く販売されている。

スピーカーの宿命だった配線の制約から自由になれるワイヤレススピーカー。バッテリーが内蔵されていれば屋内はもちろん、屋外へも持ち出せる。高音質で手ごろな価格の製品を専門家が選んだ。

■1位 アルティメットイヤーズ「ワンダーブーム2」 750ポイント
Jポップと好相性、操作も便利

無線技術「ブルートゥース」を使ってスマートフォンやパソコンと接続するワイヤレススピーカー。アルティメットイヤーズは米国のオーディオブランドで、ポータブルスピーカーからプロ向けの音響機器まで幅広く手がける。円柱型のボディーから「Jポップと相性のいいサウンド」(折原一也さん)が全方位に広がる。

高さはわずか10センチメートル、重さは420グラムと小さいが「サイズ感に対して音の広がりが一番いい」(三友卓哉さん)。強みは中高音域だが、低音域とのバランスもよく「長時間でも耳が疲れない」(戸井田満樹さん)。

使い勝手がいいのも特徴だ。側面にあしらわれた大きな+と-の音量調節ボタンはブランドの意匠も兼ねており「音量を操作しやすい。便利さを感じる」(田尻健二郎さん)。付属のストラップでぶらさげて聞くこともできる。

防水性に加え水に浮く設計のため、屋外の水辺で使うときも安心だ。

(1)実勢価格(税込み)約9000円(2)防水の保護等級 7(深さ1メートルの真水に30分間つけても内部に浸水しない)(3)バッテリー持続時間 13時間(4)問い合わせ先 ロジクールカスタマーリレーションセンター(0800・080・4310)

■2位 JBL「フリップ5」 740ポイント
洗練されたロングセラー

JBLは米国・カリフォルニアが本拠地のスピーカーブランド。社名は創業者の頭文字にちなむ。フリップシリーズは同社のロングセラーで「第五世代だけに洗練度も高い」(石曽根誠さん)。鴻池賢三さんは「音質、防水性、価格のバランスがよく、定番中の定番」と評価する。2台以上のスピーカーをペアリングして同時に音楽を再生する機能も搭載する。

コンパクトながらも「低音・中高域もすっきりした伸びがある、明るくはっきりと聞こえる」(麻倉怜士さん)。ひとつひとつの音の輪郭が際立つ。「映画やライブなどの動画も臨場感を楽しめる」(牧野英俊さん)。500ミリリットルのペットボトルと同じくらいのサイズのため、自動車の中で使う場合はドリンクホルダーに挿し込むとがたつかない。

(1)約1万1000円(2)7等級(3)12時間(4)ハーマンインターナショナルコールセンター(0570・550・465)

■3位 ソニー「SRS-XB23」 575ポイント
力強い低音、総合力高く

旧機種に比べ左右の振動板の面積を拡大し、低音域を強化した。「音量の大小を問わずしっかり際だった音」(納富廉邦さん)を奏でるようになった。「音の広がりが自然、低音もしっかりと出て、映画でも迫力がある」(牧野さん)。低音をさらに強調する機能も備える。

インターネット経由の音楽配信サービスに多い、圧縮されてこもったように聞こえがちな音を鮮明にする機能も備えている。音量や楽曲の再生などはボタンでも可能だが、スマホ用の専用アプリを使えば、縦置きに向くモノラル、横置き向けのステレオのモードの切り替えも可能。「使い勝手の良さと音質が両立する」(浅沼伊織さん)。かゆいところに手が届く設計や「汎用性が高く、無駄のないデザイン」(鈴木貴子さん)など、総合力の高さで上位に入った。

(1)約1万1000円(2)7等級(3)10時間~12時間(4)ソニーマーケティング買い物相談(050・3754・9555)

■4位 ケンブリッジオーディオ「YOYO(S)」 570ポイント
上質な外観、正統派の音質

オーディオ機器の音色はその時代ごとに好まれる音に左右されがち。近年は高音や低音を強調する製品が多いなか、英国のブランド、ケンブリッジオーディオは技巧に走らず「正統派の高音質を追求し続けている」(鴻池さん)。機器にあしらわれている「『GREAT BRITISH SOUND』に偽りなし」(石曽根さん)。

YOYO(S)は操作性もよく、上部に手をかざして左右に動かすだけで再生したり一時停止したりできる。いちばん外側は羊毛でできており「上質感があってリビングや書斎に置きたい」(神原サリーさん)。

(1)約2万1000円(2)記載なし(3)14時間(4)プレシードジャパン(050・3388・6812)

■5位 マーシャル「エンバートン」 490ポイント
ドラム音、バンドマン好み

エレキギターのアンプなどを手がけるブランドが2020年8月に発売した製品。バンドマンに愛される音質への強みとこだわりは、ブルートゥーススピーカーとしても健在で「ドラム音の響きの迫力が抜群」(鈴木さん)。横置きタイプにもかかわらずどの方向から聞いても音の聞こえ方が変わらない設計を取り入れている。

金属製のボディーをシリコンで覆った構造は頑丈で擦り傷やへこみも生じにくく、同社のアンプに似せたクラシカルなデザインが特徴。20分の充電で5時間の連続再生が可能になる充電の速度も魅力的だ。

(1)約2万3000円(2)7等級(3)20時間(4)完実電気(050・3388・6838)

注目記事
今こそ始める学び特集