スマホでは味わえぬ音の世界 高級音楽プレーヤー3選「年の差30」最新AV探訪

ソニー「NW-ZX507」(左・8万8000円、税込み、以下同)、アステルアンドケルン「SA700」(中央、14万9980円)、FiiO「M15」(右、18万2112円前後)

在宅ワーク中に音楽を聴いてストレス解消、という人も多いだろう。スマートフォンで音楽を聴く人が増えている中、DAP(デジタルオーディオプレーヤー)の世界では高音質化が進んでいた。ガジェットとしての魅力的なデザインや徹底的な音作りにこだわることで、スマホとの差異化を図ってきた結果だ。昭和世代のAV評論家がお薦めするDAP3機種を、平成生まれのライターと一緒に聴き比べた。

音質に特化した専用機ならではのクオリティー

小原(56歳のオーディオ・ビジュアル評論家) 今回はDAPの紹介です。

小沼(28歳のライター) 正直な話、ここ数年はスマホで音楽を聴く人が主流だと思います。専用機器で音楽を聴くメリットは何でしょう?

小原 今はハイレゾを楽しめるスマホもありますからね。でも、いい音で聴くならやっぱり専用機ですよ。スマホは電話、ゲームなど様々な用途で使えるよう作られていますが、専用機はパーツや回路などを音質の向上に特化させています。メモリーにも音楽データだけ入れればいいので、写真やアプリの容量のために楽曲を削除したり、ビットレートを下げたりする必要がありません。より高音質で音楽を聴きたいなら、再生機器にこだわるという選択もあると思います。

小沼 そうして今回小原さんがピックアップしたのはアステルアンドケルン「SA700」(14万9980円)、FiiO「M15」(18万2112円前後)、ソニー「NW-ZX507」(8万8000円)の3機種です。僕からするとどれもなかなか高額ですが……。

小原 数十万円を超えるDAPも珍しくないですし、今回紹介する製品は価格に見合うクオリティー。決して高すぎることはないと思いますよ。それに小沼くんが普段使っているストリーミング配信でも、音質の良さを実感できますから。では、1つずつ見ていきましょう。

所有欲を満たすハイエンドDAPの先駆者 アステルアンドケルン「SA700」

アステルアンドケルン「SA700」。本体右側のボリューム調節ホイールにはLEDライトを搭載し、音楽に合わせて色を変えながら光る

小沼 まずは「SA700」から。小原さんはアステルアンドケルンのDAPをずっと使い続けているんですよね。

小原 今は2017年に発売された「A&ultima SP1000」というフラッグシップモデルを使っています。アステルアンドケルンは韓国のアイリバー社のブランドで、同社の高級路線として12年に最初の製品が発売されました。DAPに高級感のあるデザインや、より高音質が楽しめるバランス接続を早くから採用し、高級DAPの先駆者的存在です。

小沼 この「SA700」もかなり高級感がありますよね。手に持ったときもずっしりしていて、重量は303グラム。iPhone 11が約200グラムなので、1.5倍ほどです。

小原 携帯性とは逆行するかもしれませんが、こうした製品としての格好良さを追求できるのもDAPの魅力です。発光ダイオード(LED)で色を変えながら光るボリューム調整のインジケーターもシャレていますね。アステルアンドケルンはこうした使う人の所有欲を満たしてくれる物づくりをしているのも特徴です。

小沼 音質はどうでしたか?

小原 私は自分の持っている音源をSDカードや内蔵メモリーに入れて聴きました。ジャズやクラシックを聴きましたが、アコースティック楽器の有機的な響きや滑らかさをうまく引き出せています。大編成のクラシックでも、スケール感とバランスに優れていて、高域から低域まで整った音だと感じました。

小沼 僕はApple Musicなどのストリーミングで試しましたが、確かに整った繊細な音だと感じましたね。正直、再生機器を変えるとストリーミング音源でもこれだけ違うのかと驚きでした。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
高級感と操作性の良さの両立 FiiO「M15」
MONO TRENDY連載記事一覧