『これって私だけ?』 個人的な疑問を全国で突撃取材

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

「星付きのミシュラン店のシェフがキャラ弁を作ったらどうなる?」「宅配便や公共料金の支払いまで対応できる、日本で働く外国人の店員は母国ではお金持ちなのでは?」など、個人的に見てみたいものや思っている疑問を、番組スタッフが聞き込みや突撃取材を試みて、日本全国を調査する『これって私だけ?』。2月に放送した特番『ガチ探し!検索不能~一度で良いから見てみたい~』をリニューアルし、7月からレギュラー放送が始まった。

『これって私だけ?』(火曜20時/朝日放送テレビ・テレビ朝日系) MCの沢村一樹は意外とボケたがりで、ずんの飯尾もずっとボケるため、ミルクボーイの駒場がツッコミ役に回るなど、独特の空気感があるという

制作する朝日放送テレビのチーフ・プロデューサーである芝聡氏は、「個人の価値観や好みを肯定するノリを大切にしたい」と方針を語る。「今はSNSなどでも同調圧力がすごいですよね。人を傷つけないことであれば、堂々と『こんなこと思うのは自分だけですかね?』と言える場になっていけばと思っています」(芝氏、以下同)

M-1王者が全国初レギュラー

大切にしているのは、「予測不能」ということ。まずは取材をしてみて、うまくいかなかったとしても、その結果をドキドキしながら待つというスタンスを取っている。同局の看板番組には、行ってみたら空き家だったりと空振りも多い『ポツンと一軒家』や、視聴者の依頼にとことん寄り添う『探偵!ナイトスクープ』があり、足で稼ぐ取材は局のカラーでもある。

ミルクボーイ(左:駒場孝、右:内海崇)は、全国放送初レギュラー。これまでほとんどやったことのなかったロケにも挑戦している

「ミシュラン店には150軒とか電話をかけたんですが、『取材させてもらえますか』『いいですよ』というファーストリアクションも大事にしたいので、その様子も全部収録しています。効率悪いですけど(笑)。特番のときは『平成の31年間ずっと売れ残っている商品』というテーマを取り上げましたが、『借りっぱなしで返していないもの』とか、取材は進めていたけれど、まだ形になっていない素材もたくさんあるんです。いつかオンエアにつなげられたら」

MCは俳優の沢村一樹。そして、これが全国放送初レギュラーとなるミルクボーイと、ずんの飯尾和樹、YOU(声のみ)、尾崎由香(声のみ)がレギュラー出演している。仕切りの上手な司会者に頼らない、意外性のある座組だ。

YOUは姫のキャラクターとなり、声のみの出演。「“天の声”みたいに別ブースにするやり方もありますが、実は額縁のところが空洞になっていて、収録のときは普通に座っていただいてます(笑)」(芝氏)。姫のキャラクターデザインは、2019年に同局の系列会社になった、『秘密結社 鷹の爪』などで知られるDLEによるもの

「沢村さんは、特番の『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』にゲスト出演していただいたとき、コメントが一味違ってとても面白かったんです。いつかレギュラー番組でご一緒したいと思っていました。ミルクボーイさんは、『M-1グランプリ』を象徴する1組。関西の局としても、ミルクボーイさんと一緒に盛り上がれたらとオファーしました。飯尾さん、YOUさんは独自路線で発言してくれる方。最初はどうなるかと思いましたが、スタジオがものすごく優しくていい雰囲気なんですよ。この6人のおしゃべりを見たいね、と思ってもらえたらうれしいです」

日本の魅力の再発見にもなるように、全国を調査していきたいと意気込む。「スタッフからは毎回、『こんなことになってました』と、新鮮な報告があるんです。“撮れ高”を逆算するのではなく、大成功だろうが、思ったのと違う結果になろうが、なるべく正直に出していくつもりです」

(ライター 内藤悦子)

[日経エンタテインメント! 2020年9月号の記事を再構成]

注目記事
今こそ始める学び特集