powered by 大人のレストランガイド

フランスにコンソメ味のポテチはない? あの味の裏技

フランスには売っていないコンソメ味のポテトチップスを自作してみた
フランスには売っていないコンソメ味のポテトチップスを自作してみた

皆さん、ボンジュール。私はユイじょり。日本企業の駐在員として4年間、フランス・パリで過ごし、その後裸一貫で再度パリに流れ着いた。ライフワークは、昔も今も「食」。現在は日々、故郷を想いながら現地で入手できる食材を駆使して、「創作和食」を作り出すことが生きがいだ。これから、現地で感じる日仏の食文化の違いも交えつつ、ちょっと楽しい「食」にまつわる情報をお届けしたい。どうぞ、おつきあいくださいませ。

さて、初回のテーマは、「ポテトチップス」。まずはこの、パリ郊外にある大型スーパーマーケットのポテチ売り場の写真をご覧いただきたい。こちらは塩以外の味がついたポテチの列で、この裏側にはなんと、プレーンの塩タイプのポテチのみが、もう1列同じように並んでいる。圧巻の光景だ。そして、皆さんはお気づきになるだろうか? 日本人が愛してやまない、ある「味」がないことに。

パリの郊外にある、大型スーパーマーケットのポテトチップス売り場だ。巨大な売り場だが、日本人大好きなコンソメ味はない

正解は、「コンソメ」味。ここは美食の国、フランスだ。それなのに、「うすしお」「のり塩」とともに日本人のポテチフレーバー不動の御三家、「コンソメ」味が、どこにもないではないか! 「のり塩」味がないのはなんとなく納得できるとしても、美食の国フランスならば当然ありそうな「コンソメ」味がないとは……。

なんと由々しき事態。ポテチといえば米国か!? と早速、米国在住の友人数名にも聞いてみたところ、同様に、「コンソメ味のポテトチップスなんてここでは見たことがない!」と口をそろえる。どうやら、フランスや米国には、日本の定番「コンソメ」味が存在しない、といえそうだ。

ここで少し、フランスのジャガイモ事情について触れておこう。FAOSTAT(国際連合食糧農業機関統計データベース)によると、2017年度におけるフランスのジャガイモ生産量は、世界第10位である。実際、フリットと呼ばれるフライドポテトや、ジャガイモのグラタン、ピュレなどは、肉や魚の付け合わせとして確固たる地位を築いている。ジャガイモは、フランスの食文化に欠かせないものであり、まさに「主食の一つ」と言えるほど、フランス人の胃袋を支えているといっても過言ではない。

では、なぜコンソメ味がないのだろう? そもそも、「コンソメ」の由来は、フランス語の「consomme」。仏和辞典をひもとけば、「完璧な、熟達した」という意味の形容詞とある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト